Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

ASUS ZenBeam E1モバイルプロジェクターなら旅先でもホームシアターを楽しめる:旅人目線のデジタルレポ 中山智

スーツケースにプロジェクターは旅の新定番!?

中山智(Satoru Nakayama) , @yenma
2017年4月17日, 午前11:00
152 シェア
22
41
0
89

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事


旅人ITライターの中山です。「iPad Pro 9.7」をカバンに入れて、旅先で動画を観るのに活用しています。9.7インチのディスプレイは移動中、たとえば飛行機のシートなどでみるにはベストサイズ。ですが、滞在先の宿などで観るにはちょっと物足りません。せっかくならもうちょっと大きなサイズで動画を観たいです。
ITライターの大先輩には、スーツケースに24インチのディスプレイを常備しているかたもいますが、自分としてはもっと手軽に大画面を楽しめるようなデバイスが欲しい......と思っているところに見つけたのが、ASUSのモバイルプロジェクター「ASUS ZenBeam E1」(以下ZenBeam)です。



ZenBeam(レビュー記事)は本体にバッテリーを内蔵したポケットサイズのプロジェクターです。本体サイズは約83(W)×110(D)×29(H)mmで、重さは約307g。スーツケースのちょっとした隙間に収納できるサイズです。このZenBeamを購入して、さっそく先日のバリ島旅行に持って行ったわけですが、これが大正解。旅先でも大画面動画生活が楽しめました。

バリ島での宿は長年訪問しているゲストハウスで、オーナーとは家族ぐるみのつきあいです。そこで、オープンスペースにZenBeamを使って簡易ホームシアターを構築することに協力いただきました。

まずスクリーンにはシーツを使用。オープンスペースの柱と柱を洗濯紐で結んで、シーツを掛けるだけ。風でなびかないようにシーツの端を洗濯バサミで固定しておきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲洗濯紐とシーツで即席スクリーンを設置

プロジェクターはもちろんZenBeam。これを三脚に装着して投影位置などを調整しました。自動台形補正機能があるのでシビアな調整は不要ですが、観やすい位置に投影するにはある程度の高さが必要です。自分はソニーのマルチポッド「VCT-MP1」を使いました。ですがここまで大きくなくても、自撮り用の一脚とミニ三脚を組み合わせたものでもいけそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲三脚に取り付けて、モノラルスピーカーも接続

ZenBeamにはモノラルスピーカーも搭載されていますが、投影位置からスピーカーの向きを調整したかったので、Bluetooth対応の「JBL CLIP2」を使用。これもモノラルスピーカーです。もちろん映画などを観るにはステレオスピーカーのほうが臨場感があるのですが、何人かで楽しむなら、個人的にはセリフが聞き取りやすく音の定位を気にせずどこに座っていてもオーケーなモノラルスピーカーのほうが好きです。

最後にiPad Pro 9.7に「Lightning - Digital AVアダプタ」を接続して、HDMIケーブルでZenBeamへと出力すればオーケー。ちなみに、動画再生中でもメールやメッセージの通知があると画面上に表示され、音声も割り込みがあるので興ざめしてしまいます。そこで動画再生中はフライトモードにして通知を受けないように設定しておきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲iPad Pro 9.7からは変換ケーブルを使って、HDMIで出力

こういったスクリーンなどはありものの材料で構築した簡易ホームシアターですが、十分満足できる動画視聴環境でした。解像度が854×480ドット(WVGA)なので、文字のつぶれなどが気になるところでしたが、映画の字幕くらいの大きさなら問題なく判別できるレベルです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲映画字幕サイズの文字ならしっかりと読める

明るさに関してはシーツを使ったスクリーンから2メートル以上離して、100インチ近いサイズで投影したので、日中や明かりを点けてしまうとちょっと厳しい。ですが動画視聴中は照明を落として暗くすれば問題なし。逆に映画館ぽくなり非日常感があって楽しいです。

mde
▲お菓子や飲みのを用意して気ままに観られる映画館のよう

スクリーンはシーツでなくとも、白っぽい壁があれば問題なく投影できます。旅行中は宿の部屋の壁にも投影してみましたが、iPad Pro 9.7のディスプレイで観るよりは迫力満点で楽しめます。


▲壁一面を使って大画面表示

フルHDや4K、さらに5.1chのサラウンドなど、本格的なホームシアターと比べればスペックやクオリティーで見劣りしますが、簡易システムと考えれば十分。個人的には荷物を軽くしたいので、充電がUSBではなく専用アダプターなのはマイナスポイントですが、アダプターと一緒にスーツケースに入れておけば、持ち運びに関しては許容できる範囲です。

長期の出張やバケーションなどの旅行には、モバイルプロジェクターが新必携アイテムとしてオススメです!


152 シェア
22
41
0
89

Sponsored Contents