Sponsored Contents

deliveryの最新記事

Image credit:

「物流の崩壊」を自動運転で防げ!『ロボネコヤマト』試験サービスをヤマト・DeNAが開始

自動運転配送の試験サービスを自動運転抜きで開始。ロボネコとは...

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年4月17日, 午後02:45 in delivery
445 シェア
187
126
7
3
122

連載

注目記事

人気記事



インターネット通販の拡大から人手不足が深刻化、「物流の崩壊」とも危惧される宅配業界ですが、ヤマト運輸DeNAは状況を打開すべく自動運転活用の配送サービス「ロボネコヤマト」の実験を開始しました。



ロボネコヤマトは、ヤマト運輸とDeNAが2016年7月に発表していた自動運転社会を見据えた次世代物流サービスの実現を目指す取り組みです。神奈川県藤沢市の一部地域にて、4月17日から2018年3月31日まで試験サービスを提供します。



この実験では、宅配物の保管ボックスを備える専用の電気自動車を活用。オンデマンド配送サービスの「ロボネコデリバリー」と、買い物代行サービスの「ロボネコストア」の2つを提供します。

「ロボネコデリバリー」は、ユーザーが望む時間に、望む場所で荷物を受け取れる配送サービスです。家の前にクルマが到着すると、利用者自身が車内の保管ボックスから宅配物を取り出します。インターネット経由で配送場所を細かく指定できるほか、配達時間枠も10分単位で指定できます。


▲ロボネコデリバリーの利用の流れ


▲受け取り時間は10分単位で選択できる

一方、「ロボネコストア」は、専用EVを活用した買い物代行サービス。地元商店の商品をインターネット上で一括購入し、家の前まで運んでくれます。商品はロボネコストアのサイトでスマートフォン・タブレット・PCから注文し、クレジットカードで決済します。サービス利用料は注文総額が3000円未満の場合のみ、324円が徴収されます。

実験の対象となる地域は、国家戦略特区にあたる神奈川県藤沢市鵠沼海岸1丁目~7丁目、辻堂東海岸 1丁目~4丁目、本鵠沼 1丁目~5丁目です。利用可能時間帯は、通常の宅配便と同じく8時から21時までです。期間は2017年4月17日〜2018年3月31日まで。


なお、実用実験は将来の自動運転社会の到来を想定しつつ、まだ自動運転は実用化されていないため原則としてドライバーが専用車を運転して実施します。とはいえ2018年をメドに、一部区間における自動運転の導入も予定しているということです。

ちなみに、ドライバーはあくまで自動運転の代わりの要員。配達業務までは担当しませんので「いつまで待っても玄関先に荷物を持ってこない」と憤慨するのはおやめください。


 
新時代スマホ Galaxy S8 降臨祭 Sponsored by Galaxy

 
445 シェア
187
126
7
3
122

Sponsored Contents