Sponsored Contents

historical software collectionの最新記事

Image credit:
Save

1984年発売のMac用アプリ多数が無償公開。ブラウザ上エミュレータで環境ごと提供

そういやDynaMacってのがあったな...

968シェア
1
967
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

 
インターネット・デジタルメディアのアーカイブを運営するInternet Archiveが、1984年に発売されたアップル・マッキントッシュのソフトウェアコレクションを公開しました。ライブラリーではSystem 7.0.1やMicrosoft BASIC 2.0、ウィザードリィといった当時のシステムやアプリケーション、ゲームをブラウザー上でエミュレーション操作できます。

コレクション内容は1984~1989年にかけて40数本のソフトウェアを自由にブラウザー上で実行することができます。なかにはウィザードリィ、ロードランナーやスペースインベーダーといった定番ゲーム、Microsoft フライトシミュレーターなどもあり、モノクロ画面にくっきりと見えるピクセルを見て懐かしさがこみ上げる人もいるかもしれません。

アプリケーションではHypercardやMicrosoft BASIC、MacWriteなど。いくつか同じアプリケーションが並んでいるのはバージョン違いです。

Macintoshで動くMicrosoft Basic。

なお、現在は45本のシステム、アプリケーション、ゲームがあるだけですが、これらは順次追加されていくはず。いまライブラリーに懐かしのソフトウェアがなかったとしても、しばらく経ってからまた覗いてみる価値はありそうです。一方で当時を知らない新しい世代の人々も、いちどこうしたレトロなコンピューター環境を触ってみれば、なにかしら新しい発見が得られるかもしれません。
[Images : Internet Archive]



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

968シェア
1
967
0

Sponsored Contents