Sponsored Contents

iphone tipsの最新記事

Image credit:

ちょっとした出来事も動画で伝えて印象アップ。編集が気軽にできるCilpsで遊んでみよう:iPhone Tips

面倒な字幕入力も音声認識でOK。Siriに話すように入力できます

神戸紅実子(Kumiko Kanbe)
2017年4月21日, 午前11:40 in iphone tips
202 シェア
17
57
0
128

本Webページのアクセスデータについては、KDDI株式会社が以下Webページの「クッキー (Cookie)」の項に基づき利用いたします。
http://www.kddi.com/terms/requirements/#a06

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事



Appleの新しい動画編集アプリ「Clips」の配信が開始されました。このアプリを使うと、短い動画をつなげて1本の動画を作ることができます。これまでは複雑だった、動画に字幕を入れたり、エフェクトを入れたり、BGMを入れたりとさまざまな編集がワンタップで行え、気楽に扱えるのが特徴です。

「動画の編集って難しそう」と思っていた人も、これでしたらきっと始められるはず。今回は、この「Clips」を使って簡単にオリジナルの動画が作る方法をご紹介します。

なおこのアプリは、iOS10.3以降が必要。iPhoneは5s以降、iPadはAir以降とmini 2以降、iPod touchは第6世代モデルに対応しています。

Gallery: 「Clips」で動画を編集する方法 | 20 Photos



録画ボタンを"長押し"して動画を撮る

Clips」は難しいイメージのある"動画編集"が簡単に行えるアプリ。基本の操作は、録画ボタンの"長押し"です。「Clips」を起動し、録画ボタンを長押しすると、ボタンを押している時間だけ動画を撮影できます。


▲「Clips」を開く。初期状態ではカメラがインカメラになっているので、切り替えが必要な場合は、右下のカメラアイコンをタップしよう(左)。録画ボタンから指を離すと、撮影が終了する。撮影後、画面下にアイコンが表示される(右)

録画ボタンから指を離すと録画が終了します。動画の撮影を続けていくと、画面下に「クリップ」と呼ばれる短い動画が追加されます。「Clips」では、このクリップをつなげていくことで1本の動画を作成できます。

動画には写真も入れられる

動画のなかには、写真も挿入できます。写真の撮影モードに切り替え、シャッターボタンを押しましょう。動画を撮影したときと同じようにボタンを長押しすると、クリップに写真を追加できます。


▲「写真」をタップし、シャッターボタンをタップ(左)。「長押しで写真を追加」を長押しする(左)。

ボタンを長押ししている秒数だけ、クリップに写真を追加できます。なお、ボタンを長押ししている最中は、周囲の音声も録音されます。必要に応じてマイクのアイコンをタップし、消音モードに切り替えましょう。

▲マイクのアイコンをタップすると、消音に設定できる

なお、動画には、「カメラ」に保存している写真や動画も追加できます。「ライブラリ」をタップし、追加したい素材を選びましょう。

動画を加工しよう

撮影した動画や写真に、フィルター加工をしたりエフェクトを入れたりすると、面白い効果が得られ、オリジナル感も増します。加工のための編集アイコンは、撮影済みのクリップをタップしたあと画面上部に表示されます。

まずは、動画にフィルターをかけてみましょう。


▲加工したいクリップを選び、画面上部の中央にあるアイコンをタップ(左)。画面を上下にスライドし、使いたいフィルターをタップして選択する(右)

これで、1つのクリップ(動画)にフィルターが掛かります。次に、動画にエフェクトを入れる方法をご紹介します。クリップを選択した状態で、画面上部にある星のアイコンをタップしてください。

▲星のアイコンをタップする


▲画面に加工できるエフェクトが表示されるので、使いたいものをタップして選択(左)。画面を右から左にスワイプすると、絵文字の選択画面が表示される(右)


▲エフェクトが追加された。エフェクトを指で押さえたまま動かすと位置を変えられる(左)。エフェクトをタップすると、中身の文字を編集できる。編集を終えたら「適用」をタップ(右)

動画や写真に字幕を入れてみよう

ここまで来ると、だいぶ動画の編集作業が進んできたと思います。続いて紹介するのは、「Clips」最大の特徴とも言える「字幕」の挿入方法です。「字幕を入れるなんて普通じゃない?」とお思いの方も多いでしょうが、「Clips」では録画中の音声に合わせて、音声認識で字幕を入れることができるのです。

操作は、動画や写真を撮影する前に字幕のアイコンをタップし、iPhoneに話しかけるだけ。Siriに話しかけるときのように、自動的に音声が認識され、文字として入力されます。


▲撮影する前に、画面左上にある吹き出しのアイコンをタップ(左)。字幕が出る位置をタップして選択(右)


▲「長押しして録画」を長押しし、iPhoneに向かって話しかける(左)。声に合わせて字幕が動画に反映された(右)

字幕の文字はあとから修正も可能です。クリップを再生し、間違っている字幕の箇所で一時停止ボタンを押しましょう。字幕をタップするとテキストを編集できます。


▲クリップを選択し、「再生」をタップ(左)。修正したい字幕が出てきたら「一時停止」をタップし、字幕をタップする(右)


▲テキストを編集し、「適用」をタップする(右)


▲字幕を修正できた

ただし、Clipsで撮影した動画・写真にはあとから字幕を追加できないので要注意です。字幕を入れたい場合は、必ず撮影前に吹き出しのアイコンをタップしましょう。
ただしこの制限は、Clipsで撮影した動画や写真のみ。ライブラリから追加した写真や動画に対しては、字幕をあとから入れられます。

動画にオープニングを入れる

次にご紹介するのは、動画にオープニング画像を入れる方法です。イベント名をオープニングに入れると、映画のタイトルのようになります。まずは、画面右上にある「T」をタップしましょう。


▲「T」をタップ(左)。オープニングに使う画像をタップして選択(右)

画像を初めて使う場合、ダウンロードに若干時間がかかります。


▲切り替わった画面で、画像の文字部分をタップ(左)。タイトルを編集し、「適用」をタップする(右)


▲「長押しで録画」を長押しする

好きな順番にクリップを並び替える

次に、動画の順番を入れ替える方法について。編集後の動画は、クリップが並んでいる順番で再生されます。動画の編集が終盤に差し掛かってきたら、クリップの順番を並び替えてみましょう。クリップに指を添えたまま動かすと順番を変更できます。


▲順番の変更は、クリップを指で押さえ、好きな位置にドラッグするだけ。オープニングはもちろん先頭に配置しましょう

動画にBGMをつける

最後に、撮影した動画にBGMを付けてみましょう。BGMなしでも動画は完成しますが、音を付けたほうが動画の雰囲気が上がります。まずは、画面右上の「♪」をタップしてください。


▲「♪」をタップ(左)。「ミュージック」画面に切り替わる。ここでは「サウンドトラック」を選択した。なお、「マイミュージック」を選択すると、iTunesに保存した音楽からBGMを設定できる(右)


▲BGMをタップして選択し、「戻る」をタップ(左)。切り替わった画面で「完了」をタップする(右)

これで、「Clips」でできる主な編集作業が終わりました。編集した動画の確認は、画面の左下にある「再生」をタップして行ないます。動画の仕上がりをチェック、OKでしたら「完了」をタップしましょう。
これでオリジナル動画の完成です。

今回は一通りの機能を説明していますが、実際の作業ではもちろん、使わない機能は飛ばして大丈夫。慣れると気軽に動画が作れるようになりますので、ぜひ一度試してみてください。


▲「完了」をタップすると、動画が保存される(左)。右下にある「共有」をタップすると、動画をSNSやメッセージで共有できる(右)

関連キーワード: apple, clips, iOS, iPad, iphone, iphone tips, ipod touch, tips
202 シェア
17
57
0
128

Sponsored Contents