Sponsored Contents

iphoneの最新記事

Image credit:

充電中も使えるLightning直挿しノイキャンイヤホンRAYZ Plus、auが独占販売

発売延期されていた製品が1か月間のau専売モデルとして登場

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年4月21日, 午後01:00 in iphone
239 シェア
41
107
0
91

本Webページのアクセスデータについては、KDDI株式会社が以下Webページの「クッキー (Cookie)」の項に基づき利用いたします。
http://www.kddi.com/terms/requirements/#a06

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View
iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』配信開始。基本無料のスマホ版、通称『ポケ森』

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』配信開始。基本無料のスマホ版、通称『ポケ森』

View

auは、充電中も音楽を聴けるLightning直挿しノイズキャンセリングイヤホン「RAYZ Plus」を、au +1 collectionとして発売します。発売は本日(4月21日)からで、5月21日までは独占販売となります。製造メーカーはパイオニアで、価格は1万7064円(税込)。

同製品は、パイオニアから2月に発表。その時点では3月末からの販売を予定していましたが、後に「4月下旬予定」と延期されていました。今回はこれが、1か月間のau専売アイテムとして登場する格好です。


iPhone 7シリーズのイヤホン端子廃止に伴い、Lightning直挿しのイヤホンが各社から登場しています。しかし、再生中はLightning端子が塞がれるため、充電しながら音楽を聴けないという難点がありました。



RAYZ Plusは、そんな課題を解決するイヤホンです。ケーブル部分にLightning接続用充電ポートを装備。これにより、充電しながら音楽や通話を楽しむことができます。

さらにノイズキャンセリング機能を搭載。話しかけられた際などに便利な、イヤホンを外さずに外部の音が聞こえる「Hear Thruモード」も備えます。周囲の音にも注意を払いやすいため、安全に音楽を楽しめるとしています。

マイクも内蔵し、ハンズフリー通話も対応。イヤホンからSiriを呼び出して、音声コマンドを送ることも可能です。さらに、耳からイヤホンの取り外しを検知すると、楽曲の再生を自動停止したり、再装備すると自動再生するスマートな機能も搭載します。



対応製品はiPhone 5以降、iPad、iPod touch(第5世代以降)。カラーバリエーションは「ブロンズ」と「グラファイト」の2色展開です。

取扱店舗はauショップ、auオンラインショップ、その他au +1 collection取り扱い店、KDDIおよび沖縄セルラーの直営店 (au SAPPORO、au SENDAI、au SHINJUKU、au みなとみらい、au NAGOYA、au OSAKA、au FUKUOKA、au HAKATA、au NAHA)となります。

なお、詳細な機能や使い勝手などに関しては、本誌でもレビュー記事などを掲載しています。気になる方はぜひご参照ください。

パイオニアのLightningイヤホン「RAYZ Plus」レビュー。装着感にクセも多彩な機能と充電ポートが便利

動画:iPhone 7充電しながらイヤホンRAYZ Plusインプレ。ノイズキャンセリング付き、アプリで機能進化する「アプセサリー」

iPhone 7「聞きながら充電」に標準対応。世界初、Lightning分岐機能搭載のNCイヤホンがパイオニアから (発表会記事)

239 シェア
41
107
0
91

Sponsored Contents