Sponsored Contents

braviaの最新記事

Image credit:

ソニー初の4K有機ELテレビ BRAVIA A1、6月10日発売。画音一体、55型50万円〜映像から音が出ます(更新)

CESで発表したもの

津田啓夢(Hiromu Tsuda) , @boobyn
2017年5月8日, 午後12:18 in Bravia
805 シェア
605
83
14
0
103

連載

注目記事

人気記事



ソニーは、4K 有機ELテレビのBRAVIA A1シリーズを6月10日に発売します。これまで業務用モデルで大型有機ELを発売していますが、ソニーが民生機で大型有機ELテレビを発売するのは初めて。価格は65インチのKJ-65A1が80万円前後、55インチのKJ-55A1が50万円前後。

プレミアムモデルに位置づけられ、通常放送のSDR信号だけでなく、HDR信号に対応。より広いダイナミックレンジの輝度をサポートしています。

また、映像を解析してSDR信号をHDR相当にアップコンバートする「HDRリマスター」を備えており、地デジ放送などもHDR相当の画質で楽しめます。



パネル自体から音がなる「アコースティック サーフェス」に対応。背面部左右にアクチュエーターを配し、これが直接画面を振動させて音を鳴らします。サブウーハーも背面スタンドに仕込まれているため、正面からも左右からも見かけ上スピーカーがなく、狭額縁設計とも相まって非常にすっきりした筐体デザインとなっています。

大型ディスプレイになればなるほど、スピーカーと画面中央部に距離ができますが、A1シリーズは画面自体から音が出る構造のため「まさに画音一体」(ソニー担当者)と話していました。



なお、BRAVIAの液晶テレビとしては、2016年秋のZ9Dシリーズがありますが、最高画質をうたうテレビはZ9Dシリーズで変化なし。これは有機ELの物理的な性能を越える高輝度なバックライトがZ9Dシリーズにはあるため。プロセッサーとしてはA1シリーズもフラッグシップと同じZ1 Extremeを搭載しています。

では結局、液晶と有機ELのプレミアムモデル、購入検討のポイントになるのはどこか? ソニーの担当者らの話を総合すると、映画やスポーツなどをじっくり見る場合や、デザイン的な目新しさや狭額縁薄型ボディを体験するなら有機ELといったところ。

有機ELの特徴を話したに過ぎず歯切れが悪い印象を持ちましたが、パネル方式の違いによるものですから、これは仕方ないかもしれません。



このほか、Android TVには横断検索可能な音声検索機能を搭載。自然言語で検索可能で、たとえば「今週末のお笑い番組が見たい」と伝えると、金〜日曜日のお笑いカテゴリの番組を抽出します。検索は録画機器などとも連携可能。

本体と背面スタンドを含む大きさは、65インチが145.1 x 83.2 x 33.9cm、36.2kg、55インチが122.8 x 71 x 33.9cm、28.8kg。

製品はソニーの各ショールームにて、5月8日から先行展示します。



ソニーでは今後、秋以降にも77インチのさらに大きな有機ELテレビを発売予定です。

Gallery: ソニー初の4K有機ELテレビ BRAVIA A1、6月10日発売 | 17 Photos

関連キーワード: bravia, bravia 4k, BRAVIA A1, BRAVIA OLED, OLED, sony
805 シェア
605
83
14
0
103

Sponsored Contents