Sponsored Contents

xiaomiの最新記事

Image credit:

シャオミのAndroid TV「Mi Box」を導入して動画視聴環境の改善を狙う:旅人目線のデジタルレポ 中山智

nasneの再生はやはりハードルが高いです

中山智(Satoru Nakayama) , @yenma
2017年5月10日, 午後03:30 in xiaomi
240 シェア
37
59
12
0
132

連載

注目記事

人気記事

ミニ スーパーファミコン国内発表。幻の『スターフォックス2』、パネルでポン、FE紋章の謎も含む国内版21本内蔵

ミニ スーパーファミコン国内発表。幻の『スターフォックス2』、パネルでポン、FE紋章の謎も含む国内版21本内蔵

View

動画配信サービスは「Netflix」、地上波と衛星放送の録画視聴は「nasne」を利用している旅人ITライターの中山です。この2つのサービス、スマートフォンやタブレットで観るぶんには問題ないのですが、いわゆる大画面テレビで観ようとするとちょっと問題があります

というのも両方のサービスを1台で使えるデバイスは、PCを除くと「PlayStation 3(以下PS3)」か「PlayStation 4(以下PS4」しかありません。自室にはPS3があるものの、もっと手軽なセットトップボックスで扱えるようにしたいわけです。


▲PS3をわざわざ起動させるのはめんどう

手軽なセットトップボックスとしては「Fire TV」や「AppleTV」があります。こちらはNetflixは視聴できますが、nasneを視聴するアプリがありません。「VITA TV」は逆にnasneは観られますが、Netflix用のアプリがありません。

そこで目を付けたのがAndroid TVを搭載したセットトップボックです。nasne視聴用のAndroidアプリ「torne mobile」がAndroid TVにも対応しているからです。

というわけで用意したのが、シャオミのAndroid TVセットトップボックス「Mi Box(MDZ-16-AB)」です。CPUのモデル番号は非公開ですが、2GHzのクアッドコア、メモリーは2GBで内蔵ストレージは8GB、手のひらサイズのコンパクトさながら、4K動画にも対応したデバイスです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲コンパクトなので旅先にも持っていきたいサイズ

本体の構成はいたってシンプル。本体にボタン類は一切なく背面にHDMIとUSBの端子がひとつづつと、イヤホンジャックと電源用のコネクターだけ。電源は専用アプターを使用します。USBでの給電に対応していないのは残念なところです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲インターフェース類はすべて背面に装備

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲付属のリモコンもボタンは少なくシンプル

設定も簡単で、テレビとHDMIケーブルで接続して電源をいれれば、あとは付属のリモコンを使って設定していくだけ。一番最初の言語選択には日本語も用意されており、日本語の入力にも対応しています。


▲言語に日本語があるのでセットアップはわかりやすい

設定は、Androidスマホを持っていると手軽にできる手順が用意されています。しかし、うまくいかなかったので、手動で設定しました。といってもWi-Fiのアクセスポイントへの接続とGoogleアカウント&パスワードの入力程度。スマートフォンとほとんど変わりないというか、それよりもカンタンなほど。


▲ウイザードにしたがって進めていくだけでオーケー

設定が完了すると、Android TVのホーム画面が表示されます。基本的な操作はすべて付属のリモコンから行います。音声入力にも対応していて、リモコンがマイクになっているので日本語で「明日の天気は?」と聞くと教えてくれます。ただ気温が華氏表示で、摂氏へ変更する設定が見つけられないので、いまいち暑いのか寒いのかわかりません。


▲リモコンでも操作しやすいUIになっているAndroid TV

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲リモコンの上部にはマイクが付いている


▲天気予報を表示させたが、気温が華氏でよくわからない

目的のひとつ「Netflix」は、初回起動時にアイコンが用意されていて、選択するとアプリのインストール画面に移動。インストール後、ログインしてみると問題なく再生できたので、こちらはオーケー。


▲Netflixをインストール


▲こちらの再生は問題なし

もうひとつの目的「nasne」の視聴ですが、Playストアにアクセスしてみると、「torne mobile」があり、インストールも問題なし。アプリを起動させて、居住地や年齢、nasneにアクセスするための設定などをすると、ちゃんとアプリは起動しました。


▲Playストアに「torne mobile」がある


▲インストールも起動も問題なし


▲番組表の表示まではいけた

番組表を表示する「ガイド」もちゃんと動いており、Wi-Fi経由で動画を視聴するための有料機能「視聴再生機能」もインストールできました。あとは録画した番組にアクセスして再生するだけです。


▲録画番組を選んで再生すると......


▲コンテンツ保護機能が作動して再生できない!

ダメでした......。やはりnasneのコンテンツは外部出力では視聴できません。

ちなみにMi BoxはChromecastの機能も使えますので、対応機種ならAndroidスマホの画面をミラーリングで出力できます。そこで「Xperia Z5 Premium」を使って画面をミラーリングして再生もしてみました。


▲XperiaのCast機能でMi Boxと接続


▲画面のミラーリングまではオーケー


▲再生はやはりコンテンツ保護機能が立ち塞がる!!

ダメでした......。nasneのこのあたりの制限は、やはりなんとかして欲しいものです。ただ、ネット上では「Nexus Player」なら「torne mobile」が動作するという情報もあるので、機会があればNexus Playerを入手してテストしてみたいと思います。

関連キーワード: androidtv, stb, tvstb, xiaomi
240 シェア
37
59
12
0
132

Sponsored Contents