Sponsored Contents

amazonの最新記事

Image credit:

生鮮食品もポチッ 「Amazonフレッシュ」エリア拡大、東京23区東部&千葉県北西部に対応

どこまで広がるかなぁ

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年5月11日, 午後03:20 in amazon
196 シェア
46
74
0
76

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事


アマゾンは、生鮮食品から日用品までを取り扱う「Amazonフレッシュ」のサービスエリアを拡大。東京都新宿区および23区東部、千葉県市川市・浦安市で利用可能になりました。

Amazonフレッシュは4月21日に開始した新サービスです。オンラインストアのAmazon上で、肉や魚といった生鮮食品や日用品を購入できます。商品は適切な温度管理がなされているといい、注文から最短4時間での配達も売りにします。

利用できるのはAmazonのプライム会員およびStudent会員のみ。また、サービスの利用料として別途月額500円が発生します。

サービス開始当初の配送対象地域は、東京都港区・千代田区・中央区・江東区・墨田区・江戸川区の6区でした。本日5月11日からは、新たに東京都の6区と千葉県北西部を追加。具体的には、東京都新宿区、文京区、台東区、荒川区、足立区、葛飾区。および千葉県市川市・浦安市です。(いずれも一部エリアを除く)

配送対象地域に含まれているかどうかは、AmazonフレッシュのWEBサイトにて、郵便番号を入力して確認可能。また、配送対象地域は今後順次拡大予定としています。
196 シェア
46
74
0
76

Sponsored Contents