Sponsored Contents

freetelの最新記事

Image credit:

FREETELの2画面スマホ「MUSASHI」、香港大手キャリアが発売へ

日本のSIMフリースマホが海外へ

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年5月12日, 午後12:00 in Freetel
204 シェア
46
92
0
66

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View
iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

スマホ版『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は11月22日配信開始。基本無料の時短アイテム課金🍃

スマホ版『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は11月22日配信開始。基本無料の時短アイテム課金🍃

View

格安SIMのFREETELを手がけるプラスワン・マーケティングは、香港の大手携帯キャリア「CSL」から、2画面折りたたみ式スマートフォン「MUSASHI」を発売します。

CSLが展開する母の日キャンペーンの主力製品の1つとして発売するとのこと。

MUSASHIは、OSにAndroidを搭載しながらも見た目はガラケーという、いわゆる「ガラホ」的な製品。とはいえ、タッチパネルを搭載しGoogle Playアプリも使えるので、携帯キャリアが販売する、"OSがAndroidなだけで機能はガラケーと変わらない"「ガラホ」に比べるとかなりスマホ寄りです。そのためか、FREETELも今回のプレス発表では「スマートフォン」と表現しています。


ディスプレイを裏表に搭載する2画面スマートフォンとなっており、折りたたんだ状態ではフルタッチのスマートフォンとしても利用できます。

FREETEL『MUSASHI』を徹底解剖。ガラホではない、かなりスマホ寄りな折りたたみスマホ

10年で世界一を目指す

FREETELは、2015年11月のカンボジア進出を皮切りに海外展開を加速中。「10年で世界一を目指す」(増田薫社長)を標榜し、これまでにアジア・北米・中南米の各地域でスマートフォンを販売しています。

2017年2月には中東・アフリカ地域に進出する。地元の大手流通企業「Unicom」と業務提携し、エジプト国内に400以上ある販売店で、4月からFREETEL製スマートフォンの販売を開始すると発表しています。

関連:

消費者庁、FREETELに措置命令 「業界最速に根拠ない」
Source: Freetel
関連キーワード: freetel, mvno, phone, simfree, smartphone
204 シェア
46
92
0
66

Sponsored Contents