Sponsored Contents

AVの最新記事

Image credit:

Android版Netflix、root化端末へのインストール・更新不能に。導入済みでも番組ダウンロードに制限

カスタムROMを使っている場合なども影響

Munenori Taniguchi
2017年5月15日, 午後12:30 in AV
213 シェア
33
99
0
81

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事

 
Netflixが、root化したAndroidデバイスへはGoogle Playストアから再生アプリをインストール・アップデートできなくしました。すでに再生アプリがインストールしてある場合は、アップデートができなくなっています。Netflixといえばつい先ごろ、HDR映像に対応した最新版をリリースしたばかりです。

Android情報サイトAndroid Policeによると、この措置はコピープロテクト方式の変更によるもので、最新版ではGoogleの動画DRM「Widevine」に対応しているとのこと。背景にはroot化したAndroidデバイスではNetflixで視聴のためにダウンロードした映像からコピープロテクトを解除するユーザーがいることがあるかもしれません。

Netflixはroot化した端末ではアプリが動作しないと説明するものの、実際はapkなどを拾ってきてインストールすれば再生は可能な模様。またMagiskといった一部のツールでroot化した端末では影響を受けないとの報告もあります。

ちなみに、root化した端末を識別して制限を加えるAndroidアプリはこれがはじめてではありません。知られているところでは、Android版ポケモンGOが、2016年9月の段階でroot化したAndroidデバイスをブロックしています。

213 シェア
33
99
0
81

Sponsored Contents