Sponsored Contents

Transportationの最新記事

Image credit:

動画:イーロン・マスクの地下トンネル輸送システム試験走行。完成すれば車で30分の距離を5分に短縮

Hyperloopじゃなくてトンネルのほう

Munenori Taniguchi
2017年5月15日, 午後02:30 in Transportation
781 シェア
474
167
22
4
114

連載

注目記事

人気記事

 
ロサンゼルス国際空港(LAX)からの渋滞を回避してすぐSpaceX本社に到着したいという、超絶個人的な目的のために穴掘り会社The Boring Companyを設立したイーロン・マスクが、そのトンネル内走行テストの映像を公開しました。

Instagramに投稿されたその映像では、おもむろにスタートした台車はみるみる加速し、見るものの予想を超える速度域にまで加速。おもわず「おおおおぉぉぉ!」と声に出しそうになる頃合いで急停止して終了します(急激な光の明滅があるのでその手の映像に弱い方は再生をお控えください)。




台車が走行する床面中央には1本のガイドレールがあり、この点に関して言えば4月にマスク本人が登壇したTEDで紹介したコンセプト動画と符合します。しかしその絵面は、どちらかと言えばイーロン・マスクが提唱して、別の民間企業が開発しているHyperloopを連想させるものです。


台車の速度が予定されている125mph(約200km/h)に達しているかは不明ですが、イーロン・マスクによるとLAXからウェストウッドのUCLAまで、トンネル走行なら5分で到着できるとのこと。5分というのは、LAXに到着してからセキュリティチェックを通過するまでの時間夜もはるかに短い時間です。

ちなみに、今回の映像はたしかに見た目こそHyperloopに見えるものの、用途としてはHyperloopが比較的長距離輸送を志向する列車タイプなのに対して、地下トンネル輸送システムは自動車のまま、もしくは専用ライドで利用する近距離移動を目的とするなど大きな違いがあります。

ただ、どちらも狭いチューブやトンネル内を非常に高速で走行するため、不意の故障に対する安全対策・装備をしっかりと備えるようお願いしたいところです。


 
新時代スマホ Galaxy S8 降臨祭 Sponsored by Galaxy

 
781 シェア
474
167
22
4
114

Sponsored Contents