Sponsored Contents

googleio2017の最新記事

Image credit:

iPhone版Googleアシスタント発表、米国では即日使用可能に。iOSでの「OK Google」がより使いやすく

iOSにはSiriとAlexa、そしてGoogleアシスタントが揃いぶみに

橋本 新義 (Shingi Hashimoto)
2017年5月18日, 午前05:30 in googleio2017
486 シェア
193
116
12
0
165

連載

注目記事

人気記事



Googleの開発者会議、Google I/O 2017より。Googleの会話型AIアシスタント『Google Assistant』のiPhone版が発表されました。

ライバルであるAmazon Alexaの躍進もあり、昨今iPhone版のウワサは出ていましたが、今回正式に発表された格好。しかも米国では「Now Available」、つまりほぼ即日で使用可能になるとアナウンスされています。


しかし現状では、「iOS 9.1以降に対応する」という以上の詳細情報は公開されていません。ただし(当然ながら)iOS版のGoogleアプリで「OK Google」を使う場合と同様に、「アプリを起動してからの動作」になり、Android版やSiriのように、OSの一部として振る舞う動作にはならないと予測されています。

なおこうしたアプリ上での動作となる点は、ライバルとなるAlexaのiOS版でも同じ。Amazonアプリ上で動作するシステムとなっています(下記記事を参照ください)。

AmazonのiOSアプリがAlexa音声アシスタントを搭載。米国内で買い物やニュース読み上げ、対応機器の操作が可能に




なお今回のGoogle I/Oでは、Googleの掲げる「AIファースト」の理念に従い、GoogleアシスタントとスマートスピーカーであるGoogle Homeの強化はキーノートでも大きなトピック。このiPhone版の他にも、待望の日本語対応が2017年夏予定で行なわれる点なども発表されています。
これらに関しては下記記事をご参照ください。

対話型音声入力Googleアシスタントが日本語対応へ。スマートスピーカーGoogle Homeも今夏国内発売


Google I/Oのその他の記事はこちら

Google I/O 2017の記事一覧:

Source: Google Blog
関連キーワード: apple, google, Google assistant, googleio2017, iOS, iPhone
486 シェア
193
116
12
0
165

Sponsored Contents