Sponsored Contents

microsoftの最新記事

Image credit:

速報:Surface Studioは国内6月15日発売、本日予約開始。税別38万4800円からのクリエイター向け一体型

ペンはカタカナ、Dialはアルファベット

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年5月26日, 午前10:30 in Microsoft
236 シェア
44
98
0
94

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事


マイクロソフトは、クリエイター向けのタッチパネル搭載一体型PC「Surface Studio」を6月15日に国内発売します。国内税抜価格は一般向けが38万4800円〜。本日より予約を開始します。

Surface Studioは28インチ4500 x 3000ピクセルのタッチ&ペン対応のディスプレイを搭載したオールインワン・デスクトップPC。iMacのようなオールインワンPCとしてだけでなく、ディスプレイを20度まで倒すことが可能。ゼログラビティヒンジの採用で指1本で簡単に角度調整ができると謳います。
仕様は、CPUがCore i5 /i7、RAM 8/16/32GB、ストレージ64GB SSD + 1TB HDD/128GB SSD + 1TB HDD/256GB SSD + 2TB HDD。GPUはGeForce GTX 965M(2GB GDDR5)/GeForce GTX 980M(4GB GDDR5)。

税抜参考価格はCore i5、8GB、64GB SSD + 1TB HDD、GeForce GTX 965Mの構成で一般向けが38万4800円、法人向けが37万2800円。Core i7、16GB、64GB SSD + 1TB HDD、GeForce GTX 965M構成が一般44万4800円、法人43万2800円。そして、Core i7、32GB、128GB SSD + 2TB HDD、GeForce GTX 980M構成は一般52万9800円、法人51万7800円。
一般向けの発売は全国量販店およびオンラインのMicrosoft Storeにて、また法人向けはマイクロソフト認定 SurfaceリセラーとD-VAR(Device Value Added Reseller)各社より。6月15日より順次開始するとのこと。

なお、Surface Studioは4096段階の筆圧感知を備え、自然かつ滑らかに描けるSurfaceペンや、画面に乗せて回すせば細かい設定やパラメーター変更ができるSurface Dialに対応。利き手をペンに集中したままもう一方でDialを操作すれば「紙に描くのと同等以上の作業をスムーズに行える」としています。

Surfaceペンの税抜価格は1万1800円で2017年8月の発売予定、Surface Dialは税抜1万800円で6月15日より発売です。

速報:Surface Proは6月15日発売、10万5800円から。歴代最薄で13.5時間駆動、ペンも大幅強化

速報:Surface Laptop は国内7月20日発売、12万6800円から。新OS『Windows 10 S』 搭載



クリエイター向け一体型PC「Surface Studio」、6月15日に国内発売。英Microsoftが発売日告知

Surface Studio対27インチiMac Retina 5Kなど仕様比較。Surface Dialで直観的操作アシスト

Adobe MAX 2016:Surface StudioとSurface Dialのコンビはくるくる快適な操作感(笠原一輝)


Surface Studioは「液タブ」代替になるか? ペンタブ歴20年のライターが斬る!(新Surface感想戦)

速報:新型Surfaceは「Surface Studio」、タッチ&ペン対応28型オールインワン。新入力デバイスSurfaceダイヤル対応


(更新中)


236 シェア
44
98
0
94

Sponsored Contents