Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

au、2017年夏モデルに6機種追加 -- HTC U11、画面が割れない新TORQUEなど

フィーチャーフォンは2機種

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年5月30日, 午前10:00
184 シェア
32
86
0
66

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』配信開始。基本無料のスマホ版、通称『ポケ森』

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』配信開始。基本無料のスマホ版、通称『ポケ森』

View

auは、夏の新商品・サービス発表会「au 2017 Summer」を開催。すでに発表済のXperia XZs、Galaxy S8 / S8+に加え、HTC U11などスマートフォン・フィーチャーフォン計6機種を発表しました。

auの夏モデル全機種は次のとおりです。

Xperia XZs

ソニーのフラグシップスマートフォン。4K液晶やSnapdragon 835のXperia XZ Premiumに比べると仕様は劣るものの、カメラ機能は同等。カラバリも4色展開と豊富で、今期Xperiaのメインストリームになりそうです。5月26日に発売済。



製品の詳細はこちらの記事をご覧ください。

Galaxy S8 / S8+

Galaxy Note 7からの起死回生を狙うGalaxy S8シリーズ。サムスンの独壇場とも言えるモバイル有機ELディスプレイ技術の粋を集めた「ほぼ全部画面」の縦長ディスプレイが特徴です。6月8日発売予定。



製品の詳細はこちらの記事をご覧ください

HTC U11

根強いファンの多いHTCの新フラグシップスマートフォンです。最大の特徴は、端末を握るだけでカメラ起動、シャッターも切れる新UI「Edge Sense」です。主な仕様は5.5インチ2560 x 1440液晶、4GB RAM、Snapdragon 835と高性能。



製品にはハイレゾ&ノイズキャンセリングイヤホンも同梱します。また、スマホVRで『歩き回れるVR』を実現する「LINK」にも対応します。ワンセグ・フルセグには非対応です。6月下旬以降発売予定。

AQUOS R

3キャリアごとに「AQUOS〜」とバラバラだったフラグシップ機名称を「AQUOS R」に統一したシャープ渾身のフラグシップモデル。5.3インチ倍速IGZO液晶(2560 x 1440)、Snapdragon 835プロセッサなど仕様もハイエンド級。ラウンドボディで持ちやすさにも配慮しています。7月上旬発売予定。



製品の詳細はこちらの記事もご覧ください
速報:シャープ、フラッグシップスマホを「AQUOS R」に。2017年夏「渾身の」モデルを投入

TORQUE G03

ガラス割れを防ぐ新構造を採用したスマートフォン。そもそも高強度なDragontrail-Xガラスを使ったディスプレイを、さらにアクリルパネルで覆った「ハイブリッドシールド構造」を採用。また、1.8mの高さから鉄板やコンクリートへの落下に耐える耐衝撃性も売りにします。ワンセグ・フルセグには非対応です。6月下旬以降発売予定。

Qua phone QX

auのオリジナルブランド Quaシリーズの新モデル。複数着信時に気づきやすい機能を搭載。ぽなじ番号から10分以内に2回以上の不在着信を受けると、バイブの振動時間が長くなり、より着信に気付きやすくなるといいます。主な仕様は5.0インチ TFT液晶(1280 x 720)、防水防塵、耐衝撃・FeliCaなど。ワンセグ・フルセグには非対応です。7月中旬以降発売予定。

MARVERAシリーズ

1300万画素の高画素カメラを搭載したフィーチャーフォン。FMラジオも視聴できます。防水・防塵・耐衝撃に対応。OSにはオープンソースのAndroidを採用します。また、ケータイに届いた写真をテレビ画面に写して、家族みんなで楽しめる新機能「テレビde写真」にも対応します。

かんたんケータイ

シニア層にとっての使いやすさを追求したフィーチャーフォン。「シニア向け」感の薄い金属調のデザインのほか、ボタンの視認性向上、電話帳・メニュー構成といったUIも改善しています。また、新機能として、MARVERAシリーズと同様に「テレビde 写真」にも対応します。

au HOME

基本利用料 月額490円の個人向けIoT / スマートホームサービス。ネットワークカメラや鍵開閉センサなどと組み合わせることで、外出先からスマホでカギの閉め忘れ確認や見守りができる。今後は家電をリモート操作できる赤外線リモコンなども追加予定。

当初は au光ユーザー限定で7月下旬から開始。

「家の鍵閉めた?」の不安をスマホで解消 -- auが個人向けIoT『HOME』、月490円で7月開始






(更新中)
184 シェア
32
86
0
66

Sponsored Contents