Sponsored Contents

kddiの最新記事

Image credit:

「家の鍵閉めた?」の不安をスマホで解消 -- auが個人向けIoT『HOME』、月490円で7月開始

ペットの見守りにも便利そう

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年5月30日, 午前10:45 in kddi
328 シェア
87
97
14
0
130

連載

注目記事

人気記事

速報:ポケモンGO、ついに伝説のポケモン出現。黒い『伝説のタマゴ』が1周年イベント結果でアンロック

速報:ポケモンGO、ついに伝説のポケモン出現。黒い『伝説のタマゴ』が1周年イベント結果でアンロック

View


自宅の鍵を閉め忘れをスマホでチェックできる。そんな個人向けIoTサービス「au HOME」をauが7月下旬以降に開始します。

センサーやネットワークカメラなどの「au HOMEデバイス」を活用し、外出先でも家族や自宅の状況把握、家電の遠隔操作などが行なえます。

au HOMEは、「auひかり」ユーザーが月額490円(税別、以下同)で利用できる個人向けIoTサービスです。基本利用料に加え「au HOMEデバイス」を購入することで、自宅で手軽に利用できます。



サービス開始当初に提供するau HOMEデバイスは次のとおりです。
  • 鍵 開閉センサー01・・自宅の鍵の開閉状態、開閉履歴がアプリからわかる
  • 開閉センサー01・・窓の開閉状況や開閉履歴がアプリからわかる
  • マルチセンサー01・・窓の開閉状況、温度・湿度・照度および履歴がアプリからわかる
  • マルチセンサー02・・人・ペットが動いた状況や、温度・湿度・照度、および履歴がアプリからわかる
  • ネットワークカメラ・・外出先でも自宅の中がアプリから確認でき、会話も可能。
au HOMEデバイスは今後も続々追加する予定。秋以降に発売する「スマートプラグ」は、コンセントとプラグの間に挟むことで、利用電力量をアプリで確認可能。「赤外線リモコン」は、自宅の赤外線機器(エアコン、照明、TVなど)のON / OFFをスマートフォンでコントロールできます。

当初は「auひかり」限定だが

7月のサービス開始時点でau HOMEを利用できるのは、KDDIの光ファイバーサービス「auひかり」の利用者に限られます。これでは利用できるユーザーが限られそうですが、KDDIの田中孝司社長によれば、対象ユーザーはauひかり以外にも拡大予定としています。



また、利用できるIoTデバイスは、auが発売する「au HOMEデバイス」に限られます。サードパーティー製デバイスへの開放についてKDDIの山本 泰英氏(商品・CS統括本部長)は、明言を避けつつも前向き姿勢。さらに、田中社長は、au HOMEとグーグルの音声入力アシスタント「Googleアシスタント」との連携にも意欲を示しました。

(更新中)
関連キーワード: au, auhome, kddi, kddi2017summer
328 シェア
87
97
14
0
130

Sponsored Contents