Sponsored Contents

Businessの最新記事

Image credit:
Save

株式会社ポケモン、前年比26倍となる純利益159億円を記録。「GO」に加え「サン・ムーン」も大ヒット

「はねろ!コイキング」でさらに飛躍?

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2017年6月2日, 午前07:30 in Business
160シェア
0
160
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
ポケモンシリーズのプロデュースなどを手がける株式会社ポケモンの純利益が前年の6億円から一気に26倍の159億円に増加したことがわかりました。一時は社会現象化、いまだ月間アクティブユーザー6500万人を抱える「ポケモンGO」や、ニンテンドー3DS向けの「ポケットモンスター サン・ムーン」がこの売り上げに貢献しているのは間違いありません。

株式会社ポケモンの業績は5月29日付の官報で明らかにされています。26倍という数字には前年の不振もあってのことではあるものの、それでもポケモンGOの世界的ヒットは、アプリ内課金による直接的な収益に加えて、店舗や自販機などにポケストップを設置したいスポンサー企業からの巨額の収入をもたらしています。

とはいえポケモンGOトレーナーからすれば、後から追加された金銀ポケモンもすでにコンプリートしてしまって、もうここしばらくプレイしていないという人もいるはず。もしそのようなトレーナーが増えれば、徐々に売上が落ちていくことは避けられません。

ただ、アプリ開発を担当する米ナイアンティックはポケモンの交換機能やチーム戦といった新機能の追加を予定しており、その提供が開始すれば、また大勢のトレーナーがゾンビの如く街にわきだしてくる可能性も考えられます。

株式会社ポケモンは最近、モバイル向けにコイキングを育成する新ゲームアプリ「はねろ!コイキング」をリリースしており、これが売り上げの下支えになることが期待されます。さらに「ポケモン スターズ」と呼ばれる作品をニンテンドースイッチ向けに開発中と言われています。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

160シェア
0
160
0

Sponsored Contents