Sponsored Contents

animationの最新記事

Image credit:

ディズニー『ファイアボール』新企画始動。Dlife開局五周年の新作映像を6月17日放送 #ファイアボールxDlife

三期決定というわけではござ「あなたは口を挟まないで!」

Ittousai , @Ittousai_ej
2017年6月1日, 午後10:20 in animation
1065 シェア
160
758
0
147

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事



ディズニーの日本発ロボットアニメ『ファイアボール』が帰ってきました。

無料BS局 Dlife 開局5周年の特別企画として、まずは6月17日に放送される10秒の新作映像 2種から展開します。


(2011年のファイアボール チャーミング)


2008年に全13話が放送された『ファイアボール』は、ウォルトディズニージャパン制作、荒川航 監督脚本の短編CGアニメシリーズ。

「いかにも遠い未来、ありふれた惑星」を舞台に、ロボットの少女ドロッセルと、巨大な重機のような執事 ゲデヒトニス が、寂れたお屋敷で過ごす日常を描いたオフビートなコメディ作品です。

かつて世界を支配したロボット貴族が人類の反抗によって没落しつつある世界で、主人公の「ドロッセルお嬢様」は名門フリューゲル家の若き当主という設定。正式な名乗りは「ウラノス国テンペスト領19代当主 ドロッセル・ジュノー・フィアツェーンテス・ハイツレギスタ・フュルスティン・フォン・フリューゲル」。

各話 約2分の短さながら謎めいた世界と奇妙な笑いが渾然とした脚本、3D CGで描かれた印象的なキャラクターや軽妙な演技が人気を呼び、2011年には第二シーズン『ファイアボール チャーミング』全13話が放送されました。

映像ソフト化のほか、ドロッセルやゲデヒトニスはキャラクターグッズも作られました。しかしディズニー初の国内スタッフ制作・日本発のユニークな作品ということもあり、キャラクターは見知っていてもディズニーアニメとは知らなかったという人も多い作品です。

ファン待望の復活は、BS局 Dlifeの5周年を記念する特別企画。まずは6月17日に放送されるX-ファイル 新作ドラマの枠内で、各10秒の新規映像 x 2本のかたちで初公開されます。

新作映像はDlife のステーションID。要するに局のコマーシャルで、ファイアボールの新番組を予告する「新作(からの)映像」ではありません。

Dlife 5周年企画 #ファイアボールxDlife は、第一弾のほかにも新規映像を含めさまざまな企画が進行中。第三シーズンの発表ではありませんが、反響によっては何かしら動きがないとも限りません。




1065 シェア
160
758
0
147

Sponsored Contents