Sponsored Contents

chromecastの最新記事

Image credit:
Save

Galaxy専用VRヘッドセット Gear VRがChromecastに対応。テレビ出力で「いま何が見えてる?」「えーっと……」が不要に

Google の Daydream も2.0更新でCast対応予定

Ittousai, @Ittousai_ej
2017年6月2日, 午前06:30 in Chromecast
43シェア
0
43
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


Oculus が Gear VRの Chromecast 対応を発表しました。テレビなどの画面に映像を飛ばすことで、Gear VRヘッドセットを着けたユーザーがいま何を観ているか、本人以外にも分かるようになります。



サムスンの Gear VR は、Galaxyシリーズのスマートフォンを挿入するモバイルVRヘッドセット。360度3Dの動画が観られたりVRアプリ・VRゲームができるアレです。

スマホでVRといえば、Google は段ボールで作る簡易VRビューア Cardboard の図面を無料公開しており、ベースにした非常に安価なVRゴーグルもよく見かけます。

そうした簡易ゴーグルは iOS か Androidかを問わず大多数のスマホで使えますが、逆にいえば要求仕様が緩く、ターゲットを絞った高度なアプリが作りづらいことや、タッチ前提のスマホを顔面にマウントするため入力方法が限られることから、主に360度写真や簡易的なVR体験のビューアとして使われてきました。

Gear VR は「スマホを挿入するモバイルVR周辺機器」という点ではそうした簡易なゴーグルと変わりませんが、対応スマートフォンをGalaxyシリーズの高性能モデルに限定すること、ソフトウェアプラットフォームをPC用VRヘッドセット Rift の Oculus 社が担当すること、ハードウェアに独立したタッチパッドや高精度なセンサを搭載することなどから、一社限定ながらモバイルVRの最先端に位置する製品です。

つい先日にはリモコン型のコントローラも発売し、いちいち腕を上げて頭の側面で操作する最大の欠点を解消するなど進化を続けています。

コントローラ付属の新Gear VR発表。タッチパッドとトリガーつきの片手型、対応タイトル70以上が開発中:MWC2017





今回新たに加わった Chromecast / Google Cast 対応は、Gear VRを動かす Oculus アプリの新機能。

最新バージョンではOculusアプリのUIに見慣れたCastアイコンが追加され、Chromecast や Google Cast 対応テレビなどの機器を選べば、着用者が体験しているVR世界を大画面にストリーミングして皆で共有できるようになります。

(Androidのシステム側機能で画面ミラーリングを有効にしてから Gear VR に挿入することで、キャストそのものは従来から可能でしたが、出力されるのはスマホの画面そのまま。Gear VR 使用時には左右に分かれた魚眼ステレオ映像でした。)

これまではVR初体験の人に良さそうなコンテンツを見せたりゲームを遊んでもらうにも、いちいち何が見えているのか聞いて言葉で表現してもらうもどかしさがありました。VRヘッドセットが外付けモニタ扱いのPC用VRやPS VRでは、通常のモニタ向け映像を同時に出力することで回避できましたが、Gear VRでも Chromecast を通じて無線で外部出力ができるようになります。

Chromecast に対応した Oculus アプリの新バージョン更新は、今後数週間をかけて段階的に提供される見込み。Chromecast 対応には端末が Android 7.x Nougat であることも必要です。


余談ながら、Google は簡易VRの Cardboard とは別に、Android OSに統合された次世代モバイルVRプラットフォーム Daydream を推進しています。Gear VR が Galaxy シリーズの一部でしか使えないのに対して、Daydream には各社の8機種ほどが対応しています (Google 純正のヘッドセットDaydream View は国内未発売)。

先日の開発者カンファレンス Google I/O ではこの Daydream の最新バージョン、Daydream 2.0 Euphrates (ユーフラテス) の新機能として、共有を強化するスクリーンショットや動画の撮影、Chromecast 対応の追加予定が発表されました。

Google、Daydream 2.0「ユーフラテス」発表。VR専用UI、Castやキャプチャなど共有強化

Gear VR のOculusアプリは、スクリーンショットと動画撮影は以前から実装済み。今回のアップデートで、Chromecast 対応についても Daydream 2.0に先んじて導入したことになります。

Galaxy S8 もソフトウェア更新により Daydream に対応する予定が明かされたことで、対応端末の多い Daydream にモバイルVRの主流が移ってゆくのでは、との見方がありますが、今のところは Gear VR も進化を止めるつもりはないようです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Oculus Blog
関連キーワード: chromecast, galaxy, gear vr, google, google cast, samsung, vr
43シェア
0
43
0

Sponsored Contents