Sponsored Contents

Mobileの最新記事

Image credit:

速報:10.5インチiPad Pro発表。6コアA10X Fusion、True Toneディスプレイ搭載。12.9インチも更新

9.7インチiPad Proは廃止か

Munenori Taniguchi
2017年6月6日, 午前03:59 in Mobile
747 シェア
359
248
0
140

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事


アップル開発者会議WWDC 2017より。アップルが新型iPad Proを発表しました。9.7インチに代わって10.5インチモデルをラインナップ。10.5インチ版はホームボタンもしっかりと残っています。

仕様としては6コア A10X Fusionプロセッサーを搭載、3コアが高性能、3コアが高効率という役割分担。そして40%速くなったという12コアGPU、さらにリフレッシュレート120HzのTrue Tone ディスプレイを搭載しました(従来モデルは60Hz)。

True Toneディスプレイは解像度2224 x 1668px、HDRに対応し、リフレッシュレート120Hz化にともなって動きがスムーズになり、Apple Pencilのレスポンスも向上しているとのこと。輝度は600ニト(600 cd/m2)。P3広色域ディスプレイ。

スクリーンキーボードはフルサイズ表示が可能となり、別売りのSmartKeyboardにはようやく日本語JIS配列モデルが用意されることになりました。

背面カメラは10.5インチと12.9インチ共通になり、12MP、F1.8、6枚構成のレンズに光学式手ブレ補正などを搭載しました。前面のFaceTime HDカメラも7MPと画素数を大幅に増やし、1080p動画撮影、広色域対応や自動手ブレ補正などを搭載しています。




本体サイズは、10.5インチモデルが縦250.6mm x 横174.1mm x 厚さ6.1mm。9.7インチモデルが縦240mm x 横169.5mm x 厚さ6.1mmだったので、画面サイズの拡大に伴ってそれなりに本体サイズも大型化しています。重さもWiFiモデルが469g(9.7インチは437g)、WiFi +Cellularモデルが477g(9.7インチは444g)と、30gほど増加しました。

一方、12.9インチモデルはサイズは変わりがないものの、重さはWiFiモデルが713gから677gへ、WiFi + Cellularモデルが723gから692gへと地味に軽量化しています。

ストレージ容量はいずれも 64/256/512GB。従来モデルの2倍に増えました。

税別価格は、10.5インチWiFiモデルが64GBで6万9800円、256GBが8万800円、512GBは10万2800円。10.5インチWiFi + Cellularが64GBで8万4800円、256GBが9万5800円、512GBは11万7800円。
12.9インチのWiFiモデルは、64GBで8万6800円、256GBが9万7800円、512GBは11万9800円。12.9インチのWiFi + Cellularは、64GBで10万1800円、256GBが11万2800円、512GBは13万4800円。


注文は本日より。記事執筆時点でお届け予定日は6月14日以降となっています。



 
(執筆中)

関連キーワード: apple, ipad pro, Mobile, wwdc, wwdc 17, wwdc 2017, wwdc17, wwdc2017
747 シェア
359
248
0
140

Sponsored Contents