Sponsored Contents

samsungの最新記事

Image credit:

Galaxy S8 / S8+、ドコモ版は6月8日に発売決定。前日までの予約でGear VRが無料に

au版と同日に発売

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年6月5日, 午後07:00 in samsung
137 シェア
18
67
0
52

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事


NTTドコモは、サムスン製のフラグシップスマートフォン Galaxy S8 / S8+を6月8日に発売します。一括価格はS8が9万3960万円、S8+が11万8584円です(いずれも税込)

最大の特徴は、ディスプレイのアスペクト比が18.5 : 9である点。標準的なスマートフォンの16 : 9に比べて縦長で、より多くの情報を表示できます。これを実現するために、左右だけでなく上下の余白も削っており「ほぼ全部画面」といった感じ。最近のスマホにしては珍しく、ひと目で印象に残るデザインです。

製品の詳細はこちらの記事もご覧ください
Galaxy S8を触って思うこと。iPhone 8のハードルを上げる未来感、国内対応への期待と悩ましさ

画面サイズはGalaxy S8が5.8インチ、大きい方のGalaxy S8+は6.2インチ。かなり大きな本体を想像しますが、縦長にしたことで表示面積を稼いでおり、一般的な16:9縦横比のスマートフォンよりも相対的にスリムになっています。

プロセッサはクアルコムのSnapdragon 835(2.3GHz 4コア + 1.7GHz 4コア)、RAMは4GB、ストレージ容量は64GB、microSDXC(最大256GB)。

防水(IP58)・防塵(IP6X)にも対応。日本向け機能としてはワンセグ・フルセグ(同梱の外付けアンテナが必要)に加え、おサイフケータイ(FeliCa)に対応します。

生体認証は指紋・虹彩・顔認証の3つに対応。顔認証は高速ですが顔写真でもロックを解除できるなど特性が異なっており、要求するセキュリティレベルに応じて使い分けることができます。

本体サイズはGalaxy S8が149 x 68 x 8.0mm 150g、カラーバリエーションはMidnight Black、Orchid Gray、Coral Blueの3色展開。Galaxy S8+が160 x 73 x 8.1mm 173g。カラーバリエーションはMidnight Black、Arctic Silverの2色展開です。


先行予約ユーザー全員に、コントローラーが付いた新Gear VRをプレゼントするキャンペーンを実施します。下記の3つの要件を全て満たすことが条件です。

  • 2017年5月24日から6月7日までに予約
  • 2017年6月8日から6月30日までに購入
  • 2017年6月8日から7月10日までにキャンペーンサイトから応募

関連:
ドコモが夏スマホ発表 --Xperia XZ PremiumやGalaxy S8、AQUOS Rなど全8モデル

137 シェア
18
67
0
52

Sponsored Contents