Sponsored Contents

AVの最新記事

Image credit:

速報:Hey Siri対応スピーカーHomePod発表。A8プロセッサ搭載、ビームフォーミングでどこでもいい音

湯呑み?

Munenori Taniguchi
2017年6月6日, 午前04:55 in AV
442 シェア
230
87
0
125

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事

 
アップル開発者会議WWDC 2017より。アップルが、音声AIアシスタントSiriを搭載するスピーカー製品HomePodを発表しました。CPUにA8プロセッサーを搭載、6マイクアレイに7ツイーター、4インチサブウーファーを内蔵します。
 
 
気になるサウンドに関しては、リアルタイムアコースティックモデリング機能によって部屋のレイアウトを自動認識し、ビームフォーミングでどこにいても最適な音を聴かせるとのこと。

なお、複数のHomePodを同じ部屋に置くと、自動的にお互いを認識し、サウンドのバランスを最適化さます。さらに別々の部屋にHomePodを配置した場合もAirPlay 2で互いに通信しあい、家中で音楽を同期再生したり、他のAirPlay 2対応スピーカーの操作をしたりできるとのこと。
 
 
 
音声AIアシスタントSiriを内蔵しており、Hey Siriと話しかけると音声認識を開始、Apple Musicの音楽を検索したり、楽曲の演奏者をたずねればその名を教えてくれたりする"musicologist(音楽博士)"として機能するとのこと。またこのSiri機能は匿名IDで、なおかつ暗号化など複数のセキュリティ保護を敷いた上で動作するため、ユーザーのプライバシーを盗聴したりすることはないとのこと。




Siriは質問に応えるのは当然ながら音楽だけではありません。タイマーとして使ったり、時刻やニュース/スポーツ結果、天気、交通情報をたずねたり、その他Wikipedia的な使い方もできます。

HomeKitに対応するスマートホーム機器の制御にももちろん対応。Siriを通じて照明や空調のオンオフ、防犯カメラ、ガレージのドアの開閉まで、HomeKitに対応していれば音声で操ることができます。

HomePodの通信方式は802.11a /b /g /n /ac WiFi。Bluetoothは仕様表に書かれていません。

大きさは高さ172mm、直径142mm。重さは2.5kg。

価格は349ドルと、GoogleやAmazonのスピーカー製品より50ドルほど高め。日本は残念ながら1次発売国には含まれず、まずは英語圏である米国、英国、オーストラリアで12月より出荷開始するとのことです。

アップルはライバルとしてSonosを挙げていました。SonosといえばWiFiスピーカーとして海外では人気のスピーカー。HomePodは、音質はいまいちとされるGoogleやAmazonのAI音声アシスタント搭載スピーカー製品に比べて、音楽リスニングにも力を注いだ製品と言えそうです。

お詫びと訂正:当初、「6スピーカーアレイ」を備えるとしていましたが、正しくは6マイクアレイでした。スピーカーはツィーターを7つ搭載します。
 

Gallery: Apple HomePod | 12 Photos

関連キーワード: AI, Apple, AV, homepod, ios, Siri, Speaker
442 シェア
230
87
0
125

Sponsored Contents