Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

iPad Pro 10.5、iMac Pro、HomePodの実機に触った! WWDC17完全新機種ハンズオンレポ

WWDC会場よりハンズオン速報です

ACCN, @ACCN
2017年6月6日, 午前10:25 in apple
465シェア
161
117
0
187

連載

注目記事

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

View

人気記事

カシオ PRO TREK Smart WSD-F20Xレビュー、アウトドア用スマートウォッチをゲレンデで試してみた
101

カシオ PRO TREK Smart WSD-F20Xレビュー、アウトドア用スマートウォッチをゲレンデで試してみた

Hirotaka Totsu, 20 時間前
View
後悔しない!どうぶつの森ポケットキャンプ(ポケ森)LV30迄の攻略法 初心者〜中級編 クラフトのコツ他(世永玲生)

後悔しない!どうぶつの森ポケットキャンプ(ポケ森)LV30迄の攻略法 初心者〜中級編 クラフトのコツ他(世永玲生)

View

既報の通りWWDC17では、ウワサされていたモノからサプライズまで、例年になく豊富な新デバイスが発表されました。

会場にはハンズオン(タッチ&トライとも言う)スペースが用意されており、ごく短時間ではありますが実機に触れることもできました。新MacBook、iMacなどもありましたが、今回発表された、いわゆる完全な新機種(iPad Pro 10.5、iMac Pro、HomePod)を中心に、その印象をお届けします。


▲Appleのハンズオンは体験すること、説明することを目的としているため、照明など撮影に対してはほとんど考慮されていません。人も非常に多くひとり数分程度しか触ることはできたいため、撮影クオリティーに関してはご容赦を。詳細なレビューは後日、実機をゆっくり触ることができた際にまた。

iPad Pro(10.5インチ)

まず、すでに予約した人も私の周りには多い新しい「iPad Pro」の10.5インチ版。12.9インチ版も新しくなっています。Proの9.7インチはディスコンの模様。ラインアップはスッキリわかりやすくなりますが、もう日本人大好きminiは期待できませんねー。


▲パッと見はわかりませんが、10.5インチの完全新モデル(ローズゴールド)。


▲重量は469g、9.7インチより若干重たくなりましたが、大きさの割にたいへん軽い印象です。あと薄い。


▲実機はiOS 11が動いていましたが、これはデモを兼ねているためで、来週発売開始されるモデルは現行OSとなります。秋のアップグレードを待ちましょう。

ちなみにiOS 11のマルチタスキングやドラッグ&ドロップは、すべてのiPadで使えるわけではないようです(Proシリーズは大丈夫でしょう、と説明員)。

※iOS11のデモ動画



画面のリフレッシュレートは従来モデルの倍に サラッサラに動きます。反射が抑えられ横からの視野角も広い。解像度は2224☓1668ドットに(264ppi)。


▲LTEモデルのアンテナ周りの処理は9.7インチのPro同様に。


▲キーボードカバー装着状態。始めて日本語(JIS)モデルも用意されました(写真はUS仕様)。


▲海外メディアの人が持ち込んでた9.7インチのiPad Proと比較(ホントは禁止されているのですが...)。大きさの違いがよくわかります。ベゼルの余白もかなり狭くなっていますね。


▲背面。ちょうどひと回り違うといった感じ。


▲容量、最高512GBまで選択可能に!


▲ちなみに12.9インチのほうも、背面のアンテナ処理が変わっています。もちろん、512GBモデルが登場。もうパソコンですな。

iMac Pro

続いて「iMac Pro」。発売は12月と少し先なうえ、おそらく約55万円〜と万人の手に届くモデルではないですが、たいへんな注目度......と言いますのも、会場から写真をツイートしたらおびただしいRTが...。

Mac Proにつなぐディスプレーに(あまり良い)選択肢が少ないことに対するひとつの回答なのかもしれませんね。Appleは「Mac史上、最強のマシン」とうたっています。


▲置かれているテーブルが発光しているため、色味がわかりにくいですが、いわゆるスペースグレイってやつです。


▲Trackpad、キーボード、マウスも同色に。キーボードはテンキーのある新デザイン。ちなみに日本語JIS版の白がストアで取り扱い開始になっていました。


▲Magic Mouseのブラック。単体売りは現時点では未定とのこと。


▲ディスプレー背面向かって右下に電源ボタンがあります。


▲左下にポート類がまとめられています。


▲MacBookの割り切りとは違い、SDもCじゃないUSBもちゃんとたくさんあります。

HomePod

ラスト「HomePod」。リアルタイムアコースティックモデリング機能により室内レイアウトを自動認識、どこにいても最適な音を奏でてくれるスマートスピーカー(略称スマピ......でいいでしょうか?)。ただ、残念ながら日本発売についてはまだ言及されていません。とはいえ、日本語リリース出ているので、出るとは思います。来年かな?


▲ホワイトとブラックの2色。2台買って、ワイヤレスでつなげてステレオにもできます。


▲AIアシスタントSiriを搭載し、音楽を検索したり、曲について質問したりできます。6マイクアレイに7基のツィーターを搭載。

ハンズオン会場で音は鳴っていませんでしたが、音質には相当こだわっているとのこと。


▲こちらはブラックモデル。

HomePodの上部は、Siriの反応と連動してボワ〜っと光っています。

※HomePodのデモ動画

以上、ハンズオン速報を現地よりACCNがお届けしました。ほか、iMac、MacBookシリーズも刷新されています。引き続きWWDC17関連情報にご刮目ください。

参考記事:WWDC17発表まとめ
関連キーワード: apple, applenews, imac, IpadPro, WWDC17, wwdc2017
465シェア
161
117
0
187

Sponsored Contents