Sponsored Contents

Pokemon GOの最新記事

Image credit:

ポケモンGOは大型更新でこう変わる(ジム編):ポケスト機能とジムバッジ追加、名声システム廃止などで大改革

ジムへの貢献度によって特殊ポケモンゲットのチャンスも

橋本 新義 (Shingi Hashimoto)
2017年6月19日, 午後10:00 in Pokemon GO
900 シェア
250
450
0
200

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

ポケモンGO、ハロウィン イベントで第三世代が解禁?サマヨールほかルビー・サファイア組が起動画面に登場

ポケモンGO、ハロウィン イベントで第三世代が解禁?サマヨールほかルビー・サファイア組が起動画面に登場

View
ソニー、XperiaブランドのロボットXperia Hello!発表。「家族の一員」になるコミュニケーションロボ
13

ソニー、XperiaブランドのロボットXperia Hello!発表。「家族の一員」になるコミュニケーションロボ

View

2017年6月19日、ナイアンティックと株式会社ポケモンは、Pokémon GOの大型アップデートを発表しました。今回の特徴的な変更点となるのは、大きく分けて2点。1つ目はジムに関する仕組みの大変更、2つ目は新たに加わる集団ジム戦『レイドバトル』です。

機能の導入タイミングは、ジムに関しては即日リリースを開始し(実際には従来のアップデート同様若干時間差が生じます)、レイドバトルは『近日中』となります。
ここでは、新しく導入されるシステムの詳細として、まずはジム周りに関してがっつりと紹介しましょう(それだけ変更点が多いのです)。



▲ジムは形状から変更されています



実際のシステムを紹介する前に、まずはナイアンティックとポケモン側から伝えられた、今回のアップデートに関する基本的な方針について紹介します。

それは、「従来ジムバトルに加われなかった人にも楽しんでもらえるように」というもの。
これを先に紹介したのは、当然ながら今回のアップデートの路線で重要なものとなっているためです。


さて、実際のシステム変更を紹介しましょう。
変更点は非常に多いのですが、筆者が体験してみて大きく目立った点は3つ。
  • 従来の「名声」や「ジムレベル」「トレーニング」といった仕様が廃止される
  • ジムにポケストップとしての機能が加わる
  • ジム内ポケストップ専用の新アイテム『ジムバッジ』が登場する
もちろん、ジムバッジは原作とは役割が異なります。
これらのシステムはかなり密接に関連していますので、画面を交えて紹介していきます。

なお、全体的なアップデート内容に関しては、下記記事も参照ください。

チームの壁を越えた共闘でボスポケモンをゲットだぜ!『Pokémon GO』が大幅アップデート開始!

ポケモンGOは大型更新でこう変わる(レイドバトル編):「ボスポケモン」ゲットを狙う集団ジム戦がついに

ジムにポケストップとしての機能が加わる



▲強化されたジムでは、このようにフラッグが付けられます


まずマップ画面上で目立つのは、ジムの外観から変わった点。従来は名声値や配置されているポケモンに応じて「タワーが高くなっていく」見栄えでしたが、今回は強力な布陣のジムに対して、チームのエンブレムを模したフラッグが掛かるデザインとなっています。

また重要なのが、ジムアイコンの横付近にハートマークを模したゲージが表示される点。これが戦闘システムで重要な変更点となります(詳細は後述します)。



続いてジムをタップした画面では、配置されているポケモンが一覧表示されるようになりました。またそれぞれのポケモンごとに、やはりハートのゲージが表示されています。

ここで重要なのが、ポケモンの配置に関して。以下の点が変更となっています。
  • 1つのジムに配置できるポケモンの数は6匹までに減少。ただし常に最大6匹となる
  • バトル時のポケモン登場順も設置された順へと変更。「高CP個体がボス格になって長く置かれる」事態を避けやすくなった
  • 噂のあった「1つのジムでは同種のポケモンが置けない仕様」を適用



もうひとつの注目点が、右下にあるポケストップを模したボタン。これをタップすることでジム内のポケストップが表示され、回すことでアイテムなどが補給できます。
つまり今回のアップデートで、ジムがポケストップの役割を兼ねるようになったということです。

この変更により、従来地域によってはジムが多くを占めていた地方などでも、実質的なポケストップ増加に繋がります。

新アイテム「ジムバッジ」登場




さて、ジム内のポケストップで重要なアイテムがジムバッジです。これはジム内ポケストップを回した際に入手でき、ジム1箇所につき1個ずつ、トレーナーごとにもらえます。原作のようにジムリーダーに勝たなくてもOKですし、先着順などでもありません。

ジムバッジは入手しただけでは直接的効果はありません。「ジムに訪れた記念アイテム」的なものですが、入手数によりメダル(実績)が入手できる予定です。ただし上の画面にある「バッジのランクを上げよう!」というメッセージがミソ。これについては後述します。



もらったジムバッジは、トレーナーのステータス画面で確認が可能となります。「最近行ったジム」では直近のジムのみが表示されますが、右下の「リスト」からは、なんと世界地図上で訪問したジム数が表示される画面なども用意されています



つまりやる気や資金などの諸々条件が合えば、「世界各地のジムを回って、それを画面上で表示する」ことも可能になった......というわけです。

またもう一つのポイントは、ジムバッジの下にゲージが表示されている点。これがメッセージにある「バッジのランク」。実は先ほどのハートゲージとも関連があります(紹介はもう少しだけお待ちください)。

ジム戦の仕組みは「やる気」ベースに大変更



▲やる気の確認はジムバッジの詳細表示からも可能です

さて、ジムといえばやはりジムバトルがメイン。こちらも名声やトレーニングシステムが廃止され、上述のようにポケモン配置が6匹となったことで、大きく仕組みが変わりました。

基本的な路線としては、時間的にはより短く、気軽に遊べる方向への調整となっており、やはり「ジムで遊ばないトレーナーを減らしたい」という意図に沿ったものとなっています。

ここでの大きな変更は、ハート型のゲージで示される新パラメーター「やる気」です。
このパラメーターは、ジムを守るために配置されたポケモンのCPに影響するもの。事前の噂では「空腹」と呼ばれていた要素です。

この「やる気」は、ジムに配置されたポケモン1匹ごとに与えられ、時間の経過や、ジムバトルを重ねることにより低下し、比例してポケモンのCPが下がります。
つまり従来とは違い、ジムに配置された後にポケモンのCPが変動するようになるわけです。

このやる気に関連する大きなポイントは、以下のようなところです。
  • ジムバトルは「やる気」を減少させるように変更。攻撃側はやる気を0にした上で、もう一戦勝つとポケモンを退場させられる
  • やる気が減少すると比例してCPも減少。攻撃側は勝利するごとにCPを減らせるため、繰り返し挑む際の有利度合いが増した
  • やる気は時間でも自動減少する。加えて基本的には「CPが高いほどやる気も早く減る」仕様に
  • 防御側(同チーム)は「きのみ」を与えることで回復が可能



とくに重要な点は、最後の「同チームのジムにいるポケモンに対して、『きのみ』を与えることで回復が可能」という仕組みです。これがトレーニングに代わる防御側のシステムとなります。

これによりきのみの使い道が増えるため、これまで起こりがちだった「きのみが余るので捨ててしまう」ことが減り、またトレーニングよりも、はるかに時間を掛けずにジムに「貢献」できるようになります。

また、CPの高いポケモンほどやる気の減少も早いことから、強いポケモンにはこまめな回復が必要になります。このあたりは、従来の「CPが強いポケモンさえ置いておけば防衛しやすい」というセオリーを崩すために導入されたシステムです。


▲きのみにはトレーナー待望のこれも......


なお、きのみの種類による効果の違いに関しては、先行体験では詳細が公開されませんでした。ナイアンティック側からは「ぜひ効果をいろいろと試してほしい」とのこと。

さて、もう一つの重要な変更は、先ほどカギカッコ付きで紹介した「貢献」です。実は新しくジムごとに貢献度というパラメーターが設定されました。ジムバッジの下に表示されていた「バッジのランク」ゲージは、これを示すもの


▲ジムバッジ詳細画面の「アクティビティ」。これを増加させていくのがポイントです


これは、ジムを攻撃したり、防衛時間を延ばすことで増加。文字通りジム戦においてどれだけ貢献したかを示すものです。

そして重要な点は、バッジのランクを上げると特典があるという点。身近なところでは、ジム内ポケストップを回した際に入手できる道具の増加や、ジムで得られる報酬の増加があります。
また将来的には、非常に高かった場合に、特殊なレイドバトルができるアイテムがゲットできるように検討しているとのこと。

つまりこれまではポケモンGOに欠けていた『ジム戦を遊ぶことで特別なポケモンをゲットできる』チャンスが出てくる、というわけです。



もちろん、ポケモンのやる気を回復してあげてもバッジランクは上がるため、バトルをしなくてもチャンスがあります。やる気の回復はトレーニングに比べて、時間と手間が大きく短縮されるという点を含めて、このあたりも「より気軽にジムを楽しめるように」という方向への変更となっています。

よりジムを「親しみやすくする」変更に




さらにバトル時の演出も強化されており、たとえばバトル前は、格闘ゲームの(いわゆる)VS画面風のカットインが表示されるようになりました。

そして、ジムバトルでは重要な変更がもう一つあります。それは、ポケモン1匹ごとに勝った時点でメニューが表示され、継続か離脱かが選択できるようになった点。
従来でも途中で離脱(バトルを中止する)ことで似た効果は得られていましたが、慣れていないトレーナーでもわかりやすくなりました。

もちろん、1匹だけに勝った時点で離脱してもしっかり「やる気」を減少させられるのがポイント。離脱しての再挑戦により1匹を繰り返して攻撃することで、低CPのポケモンでも下克上を大幅に狙いやすくなったというわけです。

このように、新しくなったジムのシステムは、ともすれば上級トレーナーのみが遊んでいた雰囲気のあったジムバトルを一新し、より気軽に、よりトレーナーへのメリットがある形にリニューアルしたものとなっています。

とくにジムバッジによるコレクション要素や、貢献度によってポケモンゲットの可能性が出てくる点などは、これまで「ポケモン集めだけで十分楽しい」と思っていたトレーナーをジムに向かわせる工夫がなされたものとなっています。


▲レイドバトル用の新アイテム『レイドパス』。今後の重要アイテムです

さらに今回のアップデートは、もう一つの柱としてレイドバトルも導入されます。こちらに関しても情報が多いため、下記の別記事で紹介します。

ポケモンGOは大型更新でこう変わる(レイドバトル編):「ボスポケモン」ゲットを狙う集団ジム戦がついに

©2017 Niantic, Inc. ©2017 Pokémon. ©1995-2017 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
※画面は開発中のものです。

900 シェア
250
450
0
200

Sponsored Contents