Sponsored Contents

Medicineの最新記事

Image credit:

サソリ毒抽出ロボット「VES4」完成。遠隔操作で安全、採れた毒はがん治療や抗マラリア薬研究に活用

刺すのは「蠍の本能」

Munenori Taniguchi
2017年7月5日, 午後05:00 in Medicine
215 シェア
93
56
8
0
58

連載

注目記事

人気記事

速報:ポケモンGO、ついに伝説のポケモン出現。黒い『伝説のタマゴ』が1周年イベント結果でアンロック

速報:ポケモンGO、ついに伝説のポケモン出現。黒い『伝説のタマゴ』が1周年イベント結果でアンロック

View
 
モロッコのハサン二世大学の研究者が、がん研究や抗マラリア薬、免疫抑制剤の研究に使われるサソリ毒を手を触れずに抽出できるロボットを開発しました。これまで、サソリ毒の抽出は手作業で行われており、常にぷすっとやられる危険がつきまといました。

通常、サソリ毒の抽出には電流を流したピンセットでサソリをつまむ 電撃 的方法や、物理的な刺激を与えるやや 暴虐 的な方法、サソリの毒腺への穿刺や腹部そのものを摘出するといった方法を用います。

しかし、刺激を与える方法では研究者自身が感電してしまったり、何かの拍子に毒針に刺され 反撃 にあってしまう危険性があります。一方で毒腺を摘出してしまえば、そのサソリからもはや毒が取れなくなる とどめの一撃 となってしまいます。

そこで研究者らは、少しでも安全に仕事ができるよう、軽く持ち運びも可能なロボット「VES4」を設計しました。開発者のひとりMouad Mkamel氏は「このロボットは作業者がリモコン操作でサソリの尾を固定し、電気的に刺激を与えて毒を出させることができます。取り出した毒は安全に収集でき、研究者はサソリに触れる必要がありません」と説明します。
またロボットは種類に合わせて動作をプログラミング、調整できるとのこと。上部にはサソリの種類を表示するLEDディスプレイも備えています。ロボットはすでに複数種類のサソリを使って効果を確認済みだとしています。

Mkamel氏は「手作業で行われてきたサソリ毒の抽出は危険度が高く、これまでは万が一の対応のため、少なくとも2人以上で行われるものでした、しかしこのロボットによって研究者はリモコン操作で、しかも一人で毒を回収できるようになりました」と語ります。

研究のためとはいえ、サソリの尾に刺される 恐怖 と戦いながらの作業はストレスも大きかったはず。ロボットがうまく動作するなら 祝杯 のひとつもあげたくなるかもしれません。

Source: EurekAlert
関連キーワード: medicine, robots, scorpion, tomorrow
215 シェア
93
56
8
0
58

Sponsored Contents