Sponsored Contents

daydreamの最新記事

Image credit:

Oculus、200ドルの単体型VRヘッドセットを来年発売? (Bloomberg)

「Gear VRより軽い一体型」まじでー

Ittousai , @Ittousai_ej
2017年7月14日, 午後03:30 in Daydream
175 シェア
36
59
7
0
73

連載

注目記事

人気記事

速報:ポケモンGO、ついに伝説のポケモン出現。黒い『伝説のタマゴ』が1周年イベント結果でアンロック

速報:ポケモンGO、ついに伝説のポケモン出現。黒い『伝説のタマゴ』が1周年イベント結果でアンロック

View


VRヘッドセット Oculus Rift の Oculus は、2018年にも新製品の発売を計画しているようです。

リンク先 Bloomberg の報道によると、Facebook / Oculus はPC不要で小型軽量なスタンドアロン型VRヘッドセットをこの年末にも発表し、来年発売予定とのこと。想定価格は200ドル。


Oculus は PCに接続する有線型VRヘッドセットの Rift を販売するとともに、サムスンのGalaxyシリーズを装着するVRヘッドセット Gear VR のソフトウェアプラットフォームを担当しています。

Bloomberg が匿名の関係筋から得たという証言によれば、Oculus が年内にも発表・来年発売を計画するという新製品はこのどちらでもなく、PC接続やスマホ装着が不要な単体型。現状のRiftを小さくしたような持ち歩きやすいサイズで、開発コードネームは「Pacific」とされています。

Gallery: Oculus 単体型次世代VRヘッドセット試作機 (OC3基調講演) | 6 Photos



......という報道とは別に、Oculus はすでに2016年、スタンドアロン型VRヘッドセットのプロトタイプ「Santa Cruz」を公開しています(トップ画像)。このサンタクルーズはGear VR のような簡易型ではなく、さりとてRift のように高性能なPCも必要としない、「スイートスポット」を狙ったプロジェクトとされていました。

更新:Oculusが次世代VRヘッドセットを予告。PC不要で高品位、単体で外界トラッキングに対応

サンタクルーズのプロトタイプはRift の後頭部にプロセッサユニットが増設されたような形状。Riftのような外部設置のセンサを使わず、本体側のセンサで頭部位置を把握する「インサイドアウト」型ポジショントラッキングに対応します。

今回のうわさの新製品はPCやスマホへの接続不要ということから、このサンタクルーズがついに製品化されるのか!と期待したくなりますが、問題は「安ければ200ドル」という価格。

いくらVR分野の研究開発に重点投資するFacebookといえども、現状で高価なPCが必要なデスクトップ級VRを200ドルで小型筐体に詰め込むことは不可能(できたらその技術であらゆるスマホもPCもサーバもひっくり返せる)と思えば、技術的にはスマートフォン用SoCを元に、VRヘッドセット前提の設計にした製品と予測できます。

一方、スタンドアロン型のVRヘッドセットといえば、Google の VRプラットフォーム Daydream を採用した製品が年末にもレノボやHTC Vive 社から発売予定。こちらは Google の Tangoを応用した画像ベースのインサイドアウト式トラッキング機能を備えるとされています。

速報:HTCとレノボから単体Daydream VRヘッドセット発売。インサイドアウト式トラッキングWorldSense採用



Facebook はこの秋10月11日~12日に、カリフォルニア州サンノゼで開発者カンファレンス Oculus Connect 4 を開催予定。

本当に200ドルでVRのメインストリーム化を狙う製品になるのか、単体型Daydream ヘッドセットの Oculus 版になるのか、あるいはまた別の方向性なのか、今から発表が待ち遠しいところです。

関連キーワード: daydream, facebook, oculus, oculus rift, pacific, vr
175 シェア
36
59
7
0
73

Sponsored Contents