Sponsored Contents

atariの最新記事

Image credit:

ATARIの新型ゲーム機「Ataribox」のデザインが初公開、Jaguarから24年ぶりにゲームハードに復帰?

セガもこのビッグウェーブに乗ってくれませんかね

Kiyoshi Tane
2017年7月19日, 午後04:00 in Atari
352 シェア
151
126
0
75

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事



かつて世界の家庭用ゲーム市場をリードした企業の名前を冠するAtariは、ファンへの電子メールの中で新型ゲーム機「Ataribox」の写真を初公開しました。その筐体デザインは同社のAtari2600を彷彿させますが、今のところHDMIなどの外部ポートや「クラシックゲームと最新のゲームの両方を提供」以上の情報は明らかにされていません。

Ataribox
本当にAtariBoxが発売されるとすれば、Atariの新型ゲームハードは1993年のAtari Jaguar以来24年ぶりのこと。JaguarはIGNの「最悪なコントローラーTOP10」で一位に輝いたこともあり、全世界での売上も約25万台と低迷したことで知られています。

公開されたAtariboxのデザインは、木製やリブドライン(肋骨風のスリット)、盛り上がった後部といった、全世界で約3000万台もの大ヒットを記録した(廉価版を含む)Atari2600を彷彿させるもの。

Ataribox
エディションは木製とブラック&レッドの二種類を用意。フロントパネルは木製ないしガラス製(エディションにより異なる)で、アタリのロゴやインジケーターライトがあり。背面にはHDMI、USB×4、SDカードといった外部ポートが配置されています。これ以上の情報は、現時点では触れられていません。

Ataribox
とはいえ、Atariいわく「我々は皆さんがスペックやゲームソフト、機能や価格設定、発売時期など情報に飢えていることは承知しており、わざと焦らしてるつもりはありません」とのこと。Atariboxを開発する過程で段階的に情報を公開し、コミュニティの意見に耳を傾けたいとの意向が語られています。

もう少し情報を補完しておくと、遡ること約1ヶ月前、Atariは突然「ataribox.com」サイトを開設して謎の動画を公開。ネットで様々な憶測を飛び交った数日後、同社のシェネCEOはVenturebeatのインタビューで「我々はハードビジネスに帰ってきた」として新型ゲーム機を開発中であることを認め、詳細は避けながらもPC技術に基づいていると述べていました。

ミニファミコンのように過去のゲームが遊べるだけではなく、最新ゲームも......とされていますが、たしかに過去のAtari2600ソフト縛りであれば、現代のゲーマーには少し辛そうです。

Atari2600は、1977年に「Atari VCS」として登場した後、1982年に名称変更されたゲーム機。ROMカートリッジでソフトを供給するビジネスを成功させ、家庭用ゲーム市場を確立した偉大な存在です。が、1983年5月「アタリ2800」として日本上陸した際は、すでに6年も昔のロートルハード。同年7月にファミコンが発売された事情もあり、この国では存在感を残せませんでした。

発売のあかつきには、初回生産400万本を用意したものの250万本が売れ残って核実験場に埋められたソフト『E.T.』同梱や、国内マニアが入手できずに涙を呑んだJaguarのソフト全部入りなどファンサービスを期待したいところです。

352 シェア
151
126
0
75

Sponsored Contents