Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

僕がいちばんうまくフライングカメラ「AirSelfie」で空撮自撮りが出来るんだ!

アカザー(Kenichiro Akazawa)
2017年7月21日, 午後02:15
191 シェア
65
49
0
77

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事

Galaxy Note 8(仮) まもなく発表、日本時間23日24時からイベントUnpacked開始

Galaxy Note 8(仮) まもなく発表、日本時間23日24時からイベントUnpacked開始

View

バッテリーチャージャーの役割を果たす専用スマホカバーに収納し、持ち運びが可能なポケットサイズの空飛ぶセルフィーカメラ「AirSelfie」。

これまではキックスターターで資金を入れた方だけのデリバリーでしたが、7月よりハイテックマルチプレックスジャパンが販売代理店となり、手軽に購入が可能になりました!価格は充電器兼スマホカバーが付いたモデルで3万8800円。



しかし、今年3月のAirSelfie発表会のあと、5月に評価機的なAirSelfieをお貸りする機会があったんですが・・・そのときのオレの印象は「ちょっとコレは厳しいかな~」な感じ。

ウェブを検索すると出てくるであろう、5月上旬頃のAirSelfieの記事に辛口なものが多いのは、個人的にはまっとうな評価だと思います。かくいうオレも、テスト飛行で突然機体が上下反転・暴走し、ローターの羽根を折るという失態を演じ、羽根と一緒に心まで折って記事化するのを諦めたという(笑)。

しかし、5月末にASCII.jpに掲載された、遠藤諭氏のこの記事を見て愕然! 

ええ~!オレの借りた機体と安定感が全然違うんですけど!

後日ASCII.jp に出向いて遠藤氏直々にデモを見せていただきつつ、よくよく話を聞いてみたところ・・・。どうやら、遠藤氏はキックスターターでAirSelfieをオーダーしており、この機体はキックスターターより送られてきた製品版とのこと。まじか~、製品版だとこんなに安定しているの!?

とはいえ、「AirSelfie」の売り文句である"さようなら自撮り棒、これからはフライングカメラ!"的に使うには、少々のコツと練習が必要なもの確か。

というワケで前置きが長くなりましたが、日本での正式販売に伴い来日した、AirSelfie社の共同創設者であるエドアルド・ストロッピアーナ氏に、AirSelfieを上手に使うコツを伺ってきたので、以下の動画をどうぞ。

■フライングカメラAirSelfieを上手く使うコツ

ストロッピアーナ氏に、よればAirSelfieを上手に使うコツは以下の5つ。

①まずは室内で"Selfieモード"で自撮りの練習を。
②"Selfieモード"では上下左右移動と回転のみなので、フレーミングを手早く行なうには自分が前後に動く。
③AirSelfieの動きが不安定な場合はキャリブレーションを行なう。
④"Selfieモード"に慣れたら、前後の動きも可能な"Selfieモーションコントロールモード"を練習。
⑤こまめな充電を心がける。目安は1分間使ったら5分間のチャージ。




また、ストロッピアーナ氏曰く、「AirSelfieを使用されたユーザーの方からは、慣れるのに少し時間がかかるが、いったん習得してしまえばあとは簡単に使えるとの意見をいただいています。また、飛ばし方の理解を促進するために、我々もたくさんのツールを提供しています。いちばんのオススメは以下の動画です。飛ばす前にまずはこちらを見ておくと習得が早いと思います。」とのこと。

■AirSelfie Video Tutorial [エアセルフィー ビデオチュートリアル]

製品版では安定性が数段増したAirSelfieだが、依然として稼働時間やカメラの性能など今後改良すべき点は多い。

しかし、スマホカバーからサッと取り出して空撮を行ない、その画像をSNSにアップした後、サッとケースに収納する!なんて未来感溢れるコトが出来るのはこのAirSelfieだけ!

なので、我こそはと思う最新ガジェット好きは「僕がいちばんフライングカメラAirSelfieをうまくに使えるんだ!」的な意気込みで、是非トライしてみて欲しい。クセのあるガジェットだけに、使いこなせればかなりカッコいいと思いますヨ!


191 シェア
65
49
0
77

Sponsored Contents