Sponsored Contents

amdの最新記事

Image credit:

AMD Radeon RX Vega 64 / 56詳細発表。GeForce 1080 / 1070超えで同等価格

Vegaは「過去五年で最大の改良」

笠原一輝(Kazuki Kasahara) , @KazukiKasahara
2017年7月31日, 午前11:30 in Amd
294 シェア
60
169
0
65

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事

Galaxy Note 8(仮) まもなく発表、日本時間23日24時からイベントUnpacked開始

Galaxy Note 8(仮) まもなく発表、日本時間23日24時からイベントUnpacked開始

View

半導体メーカーのAMDは、7月30日~8月3日(米国時間)に米国ロサンゼルス市で開催中のイベント SIGGRAPH 2017で記者会見を開催し、新しいGPUアーキテクチャ Vegaに基づいた複数の製品を発表した。

ゲーミングPC向けの製品はRadeon Vega RX 64とRadeon Vega RX 56の2製品で、競合となるNVIDIAのGeForce GTX 1080、GeForce GTX 1070に比べて高い性能を実現しながら価格は同じという設定が特徴になっている。

また、同社のプロフェッショナル向けGPU製品 Radeon Pro シリーズにもRadeon Pro WX9100というVegaアーキテクチャ採用製品を追加したほか、GPUのデータを展開するフレームバッファ(ビデオメモリ)として一般的なDRAMではなく、フラッシュメモリのSSDを搭載したRadeon Pro SSGの2TBバージョンも発表された。

AdobeがPremiere Pro CC/After Effect CCでSSGのAPIをサポートしたため、日本でもDellが販売する8Kモニターと組み合わせることで、8Kのリアルタイム編集が可能になるとAMDでは説明している。


Radeon RX Vega 64 Limited Editionを紹介するAMD 上席副社長 兼 チーフアーキテクトのラジャ・コドリ氏

ディスプレイ、CPU/マザーの割引クーポン付のRadeonパックと単体の2種類が用意されるRadeon RX Vega


AMDがSIGGRAPH 2017で発表したのは、同社がVega(ベガ)のコードネームで開発してきた次世代GPUアーキテクチャの採用製品。PCゲーマー向けのRadeon RX Vegaと、プロフェッショナル向け(ワークステーション向け)となるRadeon Proの2製品への採用が明かされた。

AMDによればVegaは過去5年間で最大の改良と言える新アーキテクチャで、特にCUの内部構造、さらにはキャッシュメモリを含むメモリ階層に改良が加えられており、それにより大幅な演算能力の向上が期待できるという。



Radeon RX Vega 64 Limited Edition



補助電源は8ピン×2


背面パネルはDisplayPort×3、HDMI×1

PCゲーミング向けのRadeon RX Vegaには、Radeon RX Vega 64とRadeon RX Vega 56の2つの製品が用意される。これは内蔵する演算器(CU:Compute Unite)の数の違いで、前者は64個、後者は56個を搭載しているためのこのブランド名となる。
Radeon RX Vega 64 Radeon RX Vega 56
コンピュートユニット 64 56
ストリーム・プロセッサ 4096 3584
ベースGPUクロック 1247MHz 1156MHz
ターボ時GPUクロック 1546MHz 1471MHz
ビデオメモリ 8GB(HBM2) 8GB (HBM2)
単精度浮動小数点演算性能 12.66TFLOPS 10.5TFOPS

表1 Radeon RX Vegaのスペック

単精度浮動小数点演算のピーク時性能はRadeon RX Vega 64は12.66TFLOPS、Radeon RX Vega 56は10.5TFLOPSとなっており、いずれも10 TFLOPSを越えている。競合他社となるNVIDIAのGeForce GTX 1080 Tiが11.3TLOPSと明らかにされているので、Radeon RX Vega 64はそれを上回り、Radeon RX Vega 56はそれに迫る演算能力を持っていることがわかる。

今回は販売方法も工夫されており、ビデオカード単体販売に加えて、各種の割引バウチャーやゲームタイトルとセット販売する Radeonパックという2種類の販売方法を用意する。

FreeSync(AMDのGPUで使えるフレーム同期機能)に対応したSamsung Electronicsのモニターの200ドル割引クーポン、Ryzen 7と対応マザーボードのセットで100ドル割引クーポン、2つのバンドルゲームとRadeon RX VegaがセットになっているのがRadeonパックで、それぞれ以下のような構成と市場想定価格(MSRP)になっている。


Radeonパックはディスプレイ(200ドル)とCPU/マザーボード(100ドル)の割引券と、2つのバンドルゲームから構成されている
Radeon Aqua Pack Radeon Black Pack Radeon Red Pack Radeon RX Vega 64 AirCooled Radeon RX Vega 56
ビデオカード Radeon RX Vega 64 Liquid Cooled Radeon RX Vega 64 AirCooled Radeon RX Vega 56 Radeon RX Vega 64 AirCooled Radeon RX Vega 56
FreeSyncモニター(Samsung)200ドル割引券 - -
Ryzen 7/マザーボードセット100ドル割引券 - -
ゲーム2タイトル - -
市場想定価格(MSRP) 699ドル 599ドル 499ドル 499ドル 399ドル

表2 Radeon RX Vegaの販売形態と内容物

競合となるNVIDIAは、GeForce GTX 1080を499ドル、GeForce GTX 1070を399ドルに設定しており、AMDとしてはピーク時演算性能でそれらを上回るRadeon RX Vega 64をGeForce GTX 1080と同じ499ドル、Radeon RX Vega 56をGeForce GTX 1070と同じ399ドルに設定してお買い得感を出していきたいという戦略だ。
関連キーワード: amd, radeon, radeon rx vega, siggraph, vega
294 シェア
60
169
0
65

Sponsored Contents