Sponsored Contents

spaceの最新記事

Image credit:
Save

『ホリエモンロケット』宇宙に届かず… 堀江氏「貴重なデータが取れた」とリベンジ誓う

打ち上げ失敗の原因、テレメトリ通信とは?

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年7月30日, 午後07:55 in space
629シェア
390
173
0
66

連載

注目記事

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

View

人気記事

【動画】米国防総省がUFO情報を極秘に調査。2012年まで予算投下、米軍機による追跡映像も

【動画】米国防総省がUFO情報を極秘に調査。2012年まで予算投下、米軍機による追跡映像も

View

ライブドアの元社長・堀江貴文氏が出資する北海道の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」は7月30日、全長10メートルの観測ロケット「MOMO初号機」の打ち上げに失敗しました。日本初となる民間単独によるロケットの宇宙到達は、次回以降に持ち越されました。

離床から80秒後に「テレメトリ通信が途絶」

公式ツイッターによると、打ち上げ失敗の原因は"テレメトリ通信"の途絶です。テレメトリー通信については下記のように解説されています。

「MOMOは機体の姿勢,位置,速度,機体搭載センサーの情報を電波を使って常時地上の管制室へ送るテレメトリと呼ばれる仕組みを備えています。管制ではこの情報から機体が予定した領域内を飛んでいるか?危険な場所に落ちないか?を判断しています」(公式Twitterより)

今回の打ち上げでは、ロケット離床から80秒後にテレメトリ通信が途絶したとのこと。これでは機体の姿勢や現在位置が把握できなくなることから、エンジンの緊急停止コマンドを地上から送信。これにより、ロケットは沖合8kmの警戒区域内に着水したということです。

堀江氏「リベンジして宇宙まで飛ばす日も近い」

インターステラテクノロジズは、1997年に設立。堀江貴文氏が最大出資者です。「世界中の誰よりも、小型で低価格のロケットを作る」を合言葉に、超小型衛星を打ち上げる直径10mの小型ロケット「MOMO」(通称:ホリエモンロケット)を開発。日本初となる民間単独宇宙到達を目指していました。

打ち上げ失敗に関して堀江貴文氏は、Twitter上で「無事ロケットは離床して飛んで行きましたが、残念ながら宇宙までは到達できませんでした。しかしながら貴重なデータが取れたのでリベンジして宇宙まで飛ばす日も近いです」とリベンジを誓っています。

関連キーワード: rocket, space, technology
629シェア
390
173
0
66

Sponsored Contents