Sponsored Contents

googleの最新記事

Image credit:
Save

Android版Chrome Canaryに広告ブロックメニューが追加、2018年リリース予定

上から降りてくる邪魔な広告を早く何とかしてほしい

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2017年8月1日, 午後05:30 in google
177シェア
13
98
0
66

連載

注目記事

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

View
Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

石川温, 11月16日
View

人気記事

Google、動画を自動で漫画化する実験アプリ公開。AIポートレートカメラマンやスクラッチ動画生成も

Google、動画を自動で漫画化する実験アプリ公開。AIポートレートカメラマンやスクラッチ動画生成も

Ittousai, 12月12日
View

今年6月、GoogleはChromeに広告ブロック機能を2018年の早い時期に実装すると発表していましたが、その準備がちゃくちゃくと進められているようです。Android版Cromeの試験運用版リリース、Chrome Canaryに広告ブロックのメニューが追加されました。


Google、Chromeに広告ブロック機能の追加を発表。2018年の早い時期に搭載予定


Chrome Canaryは開発者版(Dev)以前の試験運用版ですが、Google Playからインストールが可能。通常のChromeとの併用もできます。

広告ブロックに関するメニューは、「設定 > サイトの設定」 に追加されています。



現状は標準で広告ブロックが有効で、チェックを入れると広告表示を許可する形になっています。

なお、Googleはすべての広告をブロックしようとしているわけではなく、対象はユーザーに不快な思いをさせる広告です。不快な思いをさせる広告というのは、音声入りで自動再生される動画広告や、カウントダウンが終わるまでコンテンツ本体を確認できない全画面広告など。

どのような広告がブロック対象になるのかは、GoogleやFacebookなどの企業が立ち上げた業界団体「The Coalition for Better Ads(よりよい広告のための連合)」のサイトに掲載されています


▲ユーザーに不快な思いをさせる広告の例(Better Ads Standardsのサイトより)

いくつかのサイトで試したところ、残念ながらまだブロックは機能していない様子。現在はあくまでもメニューが追加されただけのようです。

広告ブロックはGoogle自身にとってもデリケートな問題であるため、今後時間をかけてテストが行われていくと思いますが、できるだけ早いリリースを期待したいところです。

Source: TechCrunch
関連キーワード: adblock, chrome, google, google chrome, WebBrowser
177シェア
13
98
0
66

Sponsored Contents