Sponsored Contents

iphoneの最新記事

Image credit:
Save

ソフバンiPhoneユーザー待望の音声通話付き格安SIM、日本通信が8月16日発売

格安SIMに移行しやすく

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年8月2日, 午後06:00 in iphone
264シェア
74
105
0
85

本Webページのアクセスデータについては、KDDI株式会社が以下Webページの「クッキー (Cookie)」の項に基づき利用いたします。
http://www.kddi.com/terms/requirements/#a06

連載

注目記事

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

View
Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

石川温, 11月16日
View

人気記事


ソフトバンクiPhoneユーザー向け格安SIM(MVNO)に、待望の音声通話付きが登場します。日本通信は、ソフトバンク網利用の音声通話付き格安SIM(nanoSIM)を8月16日に発売すると発表しました。

日本通信は2017年春より、ソフトバンク網利用のデータ専用SIMを販売してきました。今回、ソフトバンク側と音声サービスの提供に合意したことにより、音声通話付きSIMの販売を開始するとのこと。新製品の詳細は別途案内するとしているものの、ソフトバンクのiPhoneユーザーは、SIMロック解除なしで日本通信の音声通話付き格安SIMを利用できることになります。

格安SIM(MVNO)に関しては、NTTドコモ回線を借り受けて提供するサービスが一般的。ソフトバンクユーザーが利用するには、端末のSIMロックを解除する必要がありました。一方、新たにサービスを開始するソフトバンク網利用の音声付き格安SIMは、ソフトバンクの端末ならSIMロック解除不要で利用可能。ソフトバンクユーザーが格安SIMに移行しやすくなるメリットがあります。

:関連
ソフトバンクのMVNOを始める日本通信。強気な目標に勝算はあるのか:週刊モバイル通信 石野純也
Source: 日本通信
関連キーワード: iphone, mvno, sim, softbank
264シェア
74
105
0
85

Sponsored Contents