Sponsored Contents

Servicesの最新記事

Image credit:

スマホ版YouTubeがチャット内蔵。動画を直接共有、最大30人までのグループチャットも

これで会話ログもGoogleの手中

Munenori Taniguchi
2017年8月8日, 午後12:50 in Services
169 シェア
46
59
0
64

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事

YouTubeが、モバイルアプリ内にダイレクトメッセージ機能を搭載しました。使い方は、動画再生中に"共有"アイコンをタップしてチャットしたい相手を選ぶだけ。チャット相手の選択リストには最近チャットをした相手などが候補として表示されるほか、スマートフォンの連絡帳から選んで招待することができます。

YouTubeのモバイルアプリでは縦画面で動画を再生中にスクロールすれば、動画を画面上部に固定しつつその下に関連動画やコメント欄が表示できます。このチャット機能は動画の共有アイコンから呼び出して、特定の相手とチャットを始められるしくみになっています。

リストに表示されない相手はスマートフォンの連絡先から選んで招待状を送信できます。ただこの場合は、相手が(チャット機能に対応する)YouTubeアプリを使っているかどうかは考慮されず、自分を相手のYouTubeコンタクトリストに加えるような文面のSMSメッセージを送るだけ。もし相手がYouTubeアプリのコンタクトリストに加えてくれれば、共に動画を見ながらチャットしあえる仲になれるというわけです。

もちろん1対1だけでなく、30人までのグループチャットにも対応。動画を起点にチャットを開始し、会話の中で別の動画を共有してさらに会話を続けたりもできます。



YouTubeの動画はすでにiMessageなど、他のメッセージングアプリ内で共有・再生、それについて会話することが可能です。しかしそれならYouTubeアプリ内から直接チャットできる方が、動画を共有する手順が省けて楽なのは確か。実際、仲の良い相手で常にYouTube動画の話題を話すのであれば、新機能はかなり楽しめるものになるはずです。

ただ、自分が動画を視聴しているときに、相手も都合よくYouTubeを視聴できる状態にあるかどうかはわかりません。相手の都合もあるということを忘れず、ゆるく楽しむぐらいが良さそうです。

ちなみにこの新機能は、記事執筆時点ではiOSおよびAndorid版YouTubeアプリのみの提供となっています。

Source: YouTube(Blog)
関連キーワード: entertainment, google, internet, mobile, services, YouTube
169 シェア
46
59
0
64

Sponsored Contents