Sponsored Contents

columnsの最新記事

Image credit:

地球の裏側で考えた、カメラのこと : 情熱のミーム 清水亮

オーストラリア・メルボルンでのふとした出会いから

清水亮 (Shi3z) , @shi3z
2017年8月22日, 午前11:00 in columns
102 シェア
7
30
0
65

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

メルボルンの町並みは典型的なヨーロッパ風だが、異質である。
ボストンやワシントンD.C.とも明らかに違うし、もちろんサンフランシスコやオースチンとも違う。かといって、盟主国であるロンドンや、同じく植民地だった香港とも違う。

まず、ロンドンは建物がぎゅうぎゅう詰めに乱立している感じでまるで視界がない。香港の高層建築で埋め尽くされた感じはロンドンに近い。

メルボルンは町並みとしてはアメリカ東海岸っぽいけれども、街に「在る」店がまえが根本的に違う。
まず、書店がとても多い。



しかも、英語の書店だけでなく、中国語の本を扱う専門店もある。
神保町みたいだ。

書店が多い街というのは、実はかなり少ない。
メルボルンの人は勉強熱心なのかわからないけど、とにかく書店があちこちにあるのは驚く。

また、デパートのような建物なのに、中に入ると1Fがまるごとフードコートだ、という店も珍しくない。どうもこのあたりは香港のビルの作りに似てる。

土地に余裕があるのか、香港やロンドンのような無茶な高層建築がひしめく感じはないんだけど、どうにも不思議だ。そして中華街まである。

さらには韓国からの輸入物専門スーパーまである。



唯一、英国領らしいところは、ダブルデッカーくらいだろうか。



休日、あともなくぶらぶらとメルボルンの街を歩いていると、大きなカメラ屋があって驚いた。
当たり前だがここにもカメラ屋はあるのだ。




その名も「マイケルズ」である。
ミシェルズ、かもしれないが、ここは米語読みをすることにする。

これ、海外では極めて珍しい、「カメラ屋らしいカメラ屋」なのだ。



カメラ屋らしいカメラ屋というのは、要するにカメラしか売ってない店のことだ。
しかし海外旅行をした人ならわかると思うが、街中にいまどきカメラしか売ってない店などほとんどない。
東京だって、カメラしか売ってない店を探すのはむしろ大変なほどだ。

なのにここにはカメラ屋がある。
むかし、オレの地元の新潟県長岡市のカメラ屋もこんなだった。いやひょっとすると長岡にはいまもカメラ屋があるのかもしれない。ありそうな気がする。

もしかするとシドニーにはこんなにいいカメラ屋はないのかもしれない。

しかしいろんなカメラのオプション品が所狭しと並んでいて、「これぞカメラ屋」という佇まいに思わず頬が緩む。

カメラ屋が成立するための条件はなんだろう?
それはもちろん、カメラマニアがいる街ということだ。
そして入り口



この非売品の陳列棚を見て、「ああ、ここにはたぶんとんでもないスキモノがいる」と思っておもわず嬉しくなった。


意味もなくこういうものを並べてしまう人というのは、いわばアクティブソナーを発信しているのだ。


「見てくれ、オレはここに居るぞ」「ここはカメラオタクの店だぞ」と主張しているのである。こんなもん並べても売り物でもないし、自己満足以外の何者でもない。しかし明らかにこの誘蛾灯のような陳列はオレのようなビョーキを持つ同輩を引き寄せてしまうのだろう。


ちょうどGRのSDカードを切らしていて補充したかったところなので、SDカードを買った。高い。16GBで17豪ドル。まあしかたない。秋葉原とくらべてはいけない。

「それはリコーか?」

店長らしきジジイが英国訛り・・・というか正統派なキングス・イングリッシュで話しかけてくる。オレの右手にぶら下げたGRを指差していた。

「そうだ」

「おまえ、日本人だな」

「なぜわかる?」

「チャイニーズはリコーを使わない。いいカメラだ」


なんだか知らないが嬉しくなった。
やはり「わかってらっしゃった」のだ。


不思議な街だ。
明らかに欧米なのに、アジアっぽくて、オタクがいる。
そういえばコミックストアもあった。


寒いところではオタクが育つのだろうか。
この街にもコミケがあるのかもしれない。


と思って調べたら、本当にあった。
まあいまどき世界中でコミケはやってるからな。


オタクのミームは、国境も世代も超える。
とくにカメラのような道具の場合、普遍的な何かがある。いまどきどんなスマホにもカメラがついているが、その中であえて「撮影専用機」を使う人間の心境というのは、一言では語れない。


だからこそ、分かってる人とは多くの言葉をかわす必要はない。撮った写真を見せる必要もない。カタチだったり、手触りだったり、そういうものさえ伝わればいい。


最近、旅先で写真を撮るということがすっかり億劫になってしまっていて、簡単にいえば風景を切り取ることをサボっていた。そんな自分を反省する。


DP1も持ってくるんだった。
特に意味は無いけれども

関連キーワード: cameras, columns, ricoh, ricoh gr
102 シェア
7
30
0
65

Sponsored Contents