Sponsored Contents

insta360の最新記事

Image credit:

iPhone合体360度カメラInsta360 ONE発売。6軸手ブレ補正で「バレットタイム」撮影、編集も大幅進化

二丁拳銃でハト飛ばしたい!!

Ittousai , @Ittousai_ej
2017年8月28日, 午後11:00 in Insta360
3214 シェア
1705
1298
0
211

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View
iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

スマホ版『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は11月22日配信開始。基本無料の時短アイテム課金🍃

スマホ版『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は11月22日配信開始。基本無料の時短アイテム課金🍃

View


360度カメラのInsta360が、4K対応の最新モデル Insta360 ONE を発表しました。

Insta360 ONE はLightning端子を備え、iPhone やiPadと合体しても単体でも撮れる360度カメラ。

4K動画と7K(2400万画素)静止画撮影に対応するほか、新たに6軸ブレ補正機能を備え、多数のカメラを円周に並べて撮ったかのような「バレットタイム」スローモーション動画を簡単に撮影できます。映画『マトリックス』で弾丸をブリッジ避けするシーンで有名になったアレです。

基本性能の強化に加えて、動画の撮影「後」にiPhoneを構えて、まるで動画の中に入り込んで意図どおりのカメラワークで再撮影するかのように通常画角の動画が抜き出せる Free Capture、特定の被写体を自動でトラッキングするSmart Trackingなど、アプリ側の編集機能が大きく進歩した点も特徴です。

Gallery: Insta360 ONE 4K対応360カメラ | 39 Photos


Insta360 ONE の主な仕様は、

サイズ: 幅96×奥行き36.5×高さ25(mm)
重量: 82g
対応機種: iOS 9.0以降、iPhone 6 /plus、iPhone 6s /plus、iPhone 7 /plus、iPad Pro (9.7インチ)、iPad (12.9インチ)、iPad Air 2
レンズ: F2.2 210°×210°
シャッタースピード: 調節可能
ISO感度: 調節可能
解像度: 静止画7K(6912×3456)動画4K(3840×1920 @30fps)
スローモーション動画 2048×512 @120fps
対応SNS: Facebook、YouTube、Periscopeなど



旧モデルの Insta360 nano がiPhoneの背面に沿うような細長く平べったい形状、Android対応のInsta360 Airが小さなボール状だったのに対して、ONEはカプセル状に丸みを帯びた円筒形。

側面に折り畳み収納式のLightning端子を備え、iPhoneやiPad に合体すればライブビューファインダとして撮影や細かな設定変更、iPhone側の通信機能を使った360度ライブ配信などに対応します。Android版は現在開発中。

ほか、単体で手持ち撮影、Bluetoothリモコンを使ったリモート撮影にも対応。カメラ側にバッテリーとmicroSDスロットを備えます (microSDは要UHS-I 対応、exFATフォーマット)。カメラ単体での撮影はカタログ上連続70分。



売りのバレットタイムは、自撮り棒やヒモ(!)の先にInsta360 ONEをつけてぐるぐる回しながらスローモーション撮影することで、ブレを補正してマトリックス的なアレが撮影できる機能。

自撮り棒を隠してくれるため、超小型のドローンで周回しながら撮影したかのような動画が録れます。



マトリックスのマネ中。傍から見るとこんな感じ。


編集機能での売りFreeCapture (自由撮影)は、360度ビデオを撮影したあとで、スマホアプリを使って改めて普通に見られる動画を編集&切り出す機能。

360度動画を再生しつつ、ジャイロ機能でスマホを向けた方向が見える機能は多くのアプリが搭載しています。FreeCaptureはこれを一歩進めて、360度動画のなかに入り込んで自由にスマホを向け再撮影するように動画を作れる機能です。

ただ視点の向きを変えられるだけでなく、ズームや再生速度の変更もでき、流行りの動画アプリのように「録画」ボタンを押しているあいだだけ記録して意図どおりのカメラワークを作れます。Undoに対応し小刻みなやり直しや調整も容易です。

Insta360 やRICOH THETAの普及で360度動画の撮影は身近になりましたが、いざ観る側になると、対応の動画アプリやサービスが必要になるハードルがあります。

また指でドラッグしたりスマホを動かしたり、あるいはVRゴーグルを使って好きな方向を見られるのは360度動画の利点である一方、どこに見るべきものがあるのか、肝心のものを見逃していないかキョロキョロするのは視聴者にとっての負担にもなり、撮影者にはこれを見せたい意図を反映するうえでの難しさにもなります。

というわけでFreeCaptureは、360度動画で全方向をまず素材として記録しておき、あとから仮想的にもう一度その場所に立って、カメラの向きやズームを変えつつバーチャル再撮影した映像を切り出す機能です。出力映像は視点変更せずにそのまま見られるため、360度カメラで撮りつつ も、撮影者(編集者)の意図に沿った見せ方の一般的な動画が作成できます。

もうひとつの編集機能 Smart Tracking も、この撮影後の再編集で使える機能。360度動画を再生しつつ、追いかけたい対象の人や物体をタップすれば、画像認識で常に画面中央に追従した動画を切り出せます。こちらも撮影時は360度で全部を保存しておき、編集時や再生時には見せたいものを撮影者 / 編集者の意図どおりに、という点で共通の機能です。


Gallery: Insta360 ONE製品写真 | 13 Photos



Insta360 ONE は本日8月28日23時から、国内正式代理店ハコスコ公式およびAmazonほかで発売。発送は9月5日以降の予定です。国内価格は4万2999円。

国内正式代理店のハコスコは発売に際して、お披露目イベントの Insta360 ONEタッチアンドトライを9月1日に原宿のラ・パウザで開催予定。実際にモノを触りつつ、その場でお持ち帰りできる購入予約権付きチケットは4万3000円、ただの一般参加は3000円の有料イベントです。

関連キーワード: insta360, insta360 one
3214 シェア
1705
1298
0
211

Sponsored Contents