Sponsored Contents

sharpの最新記事

Image credit:

名前はズバリAQUOS 8K。シャープが8K対応(パネル)テレビ発表、実用放送約1年前の12月発売

8K実用放送用チューナーは非搭載。大きさは70インチのみ

橋本 新義 (Shingi Hashimoto)
2017年8月31日, 午後02:21 in sharp
184 シェア
35
129
0
20

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

ポケモンGOで秋分イベント。スーパーふかそうち追加、すな2倍と2kmタマゴ確変など。9月23日から

ポケモンGOで秋分イベント。スーパーふかそうち追加、すな2倍と2kmタマゴ確変など。9月23日から

View


ついにコンシューマー向けに、8Kディスプレイパネルを搭載したテレビが登場します。第一弾となるのはやはりシャープ。シリーズ名はずばり『AQUOS 8K』。
モデルとしては、まずは70インチ1機種のみ。モデル名は『LC-70X500』。発売日は2017年12月1日です。想定実売価格は100万円前後(税別)。

放送に関しては現在準備中のため、シャープ側は「2018年12月開始予定の8K実用放送に先駆け(て発売)」と紹介。8K実用放送用チューナーは「2018年の実用放送に合わせて発売予定」としています。なお、チューナーは非搭載ですが、液晶パネルはネイティブでの8K解像度仕様です。

Gallery: シャープ 8K対応テレビ『AQUOS 8K』 | 42 Photos



このように8K放送前の発売となったため、シャープ側は特徴として、アップコンバート機能の充実をアピール。「現行デジタル放送や8K放送を8K解像度にアップコンバートして表示可能」としています。



こうした事情から現状では(当然ながら)アップコンバート時の画質が重要となるため、説明会では展示ブース内に「4K映像を用いた」4Kパネル製品との比較コーナーを設け、アップコンバートでも画質的な有利があることを強調しています。




なお個人的には、画素の細かさの比較をしてほしいためか、比較コーナーにルーペが設けられていたのがちょっとしたツボでした。
さすがにルーペで拡大すると、4Kパネルでも画素が見えるのに対し、8Kパネルでは拡大してもほぼ画素が見えません(上2点の写真は上側が4K製品、下側が本機です)。
​​​​​

またHDR映像ソースへの対応に関しては、8K解像度でのHLG方式とPQ方式に対応。パネル側のLEDも(もちろん)直下型です。
ただし、HDR対応ディスプレイで重要となる輝度に関しては「スペックとしては公開しない」とのこと。ただし展示ブースでの説明では、「およそ1000nit(=cd/m2)は出ている」とのコメントもありました。



さて、8K対応パネルを採用した点以外の技術的特徴は、AQUOS 4Kで採用されている広色域技術「リッチカラーテクノロジープロ」や「メガコントラスト」の導入が挙げられます。

これらは4K対応版の上位モデル「AQUOS 4K NEXT」の技術を元にしたもの。とくにメガコントラスト(輝度ダイナミックレンジ拡張技術)は、上述のようにパネルがHDR対応ということもあり、シャープ側は「フルHDや4K映像ソースでも大きな効力を発揮する」とのこと。

ただし一方で、リフレッシュレートに関しては60Hzと59.94Hzのみ。フルHDや4K映像入力時でも倍速化などは行なわない仕様となっているため、この時点では残念ながらAQUOS 4Kや同NEXTより劣ることになります。



また本機の心臓部となる、液晶パネルや画像処理エンジンなどの各種コントローラーLSIのベースとなっているのは、2017年6月に発売された業務用の8K映像モニター『LV-70002』。
本体デザインに関しても、LV-70002の時点でナローベゼル(狭額縁)設計であったことから、それを引き継いでいます。初の8K対応モデルだからといって、額縁が広いといったことはありません。

チューナーは上述のように8K放送用(と4K放送用)は搭載しませんが、地上デジタル×3基+BS/110度CSデジタル×3基を搭載。USB外付けHDDの接続で2番組同時録画も対応する重装備です。

サウンドに関しても、スピーカーは2.1チャンネル構成。左右用の出力10Wフルレンジユニット+出力15Wのサブウーファーという布陣です。



また大型テレビで非常に重要な入力端子に関しては、まずは8Kチューナー用のいわば予約端子「8K用接続端子」として1基(HDMI×4本)を搭載。4K/60Hzの端子×4本で8K/60Hzの入力とするパターンです。





加えてHDMI(4K/60Hz対応)×4基、USBが2基(USBメモリ用×1+USB HDD用×1)に加え、なんと出自が業務用でもあるためか、アナログAV入力(RCAピン:本体側は3.5mmミニジャック)に、いわゆるVGA端子(D-Sub15ピン)までも搭載します。



このようにAQUOS 8Kは、「8K解像度の液晶パネルをコンシューマー向けとして初搭載する」という特徴だけでなく、現状の70インチ高級テレビとしても水準以上の性能を備えたモデル。倍速駆動関連機能に関しては惜しいところですが、そこ以外のエクスキューズは、初物としては比較的少なそうです。



価格に関しても100万円という絶対値はともかく「大手テレビメーカーの70インチ高級モデル」として見れば、出始めの想定実売が100万円というのはコストパフォーマンスとしては悪くないとも思えます。

(実際質疑応答では、AV専門媒体の記者より「この価格では実は赤字ではないのか」との質問もありました。なおシャープ側からの回答は「4Kの時は初めてが80万円。そこから考慮し、お客様に対して純粋に提案する価格として100万円が妥当と考えた。赤字ということはない」というもの)。



大型テレビは一度購入すると3年や5年程度更新せずに使われるのが一般的なため「どうせこのタイミングで買い換えるなら、8K Readyの製品を導入しておく」というのはある意味で妥当ではないか......という考え方もあります。

そうした「このタイミングで大型テレビを購入する/買い換える」ユーザー向けの製品として見れば、本機は検討に値するモデルとも言えるでしょう(もちろん、テレビに100万円を払える懐があればですが)。


関連キーワード: aquos 8k, sharp, sharp aquos, tv
184 シェア
35
129
0
20

Sponsored Contents