Sponsored Contents

Personal Computingの最新記事

Image credit:

Windows 10 Fall Creators Updateは10月17日提供開始。マイクロソフトがIFAで発表

秋を愛する人は心深き人

Munenori Taniguchi
2017年9月2日, 午前07:00 in Personal Computing
267 シェア
57
146
0
64

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

ポケモンGOで秋分イベント。スーパーふかそうち追加、すな2倍と2kmタマゴ確変など。9月23日から

ポケモンGOで秋分イベント。スーパーふかそうち追加、すな2倍と2kmタマゴ確変など。9月23日から

View
マイクロソフトが、Windows 10 Fall Creators Updateを10月17日にリリースすると発表しました。マイクロソフトは4月20日にWindowsの機能的な更新は3月と9月に実施するとしていたものの、その初回となる今回のアップデートは10月にずれることとなりました。

Windows 10に対する4度目の大型アップデートとなるFall Creators Updateの目玉はデルやHP、レノボなどが発表したヘッドセットを利用するMR(Mixed Rality:複合現実)技術のサポート。またIFA2017では、WindowsのエグゼクティブバイスプレジデントTerry Myerson氏が視覚追跡機能をサポートすることを発表、たとえばALS(筋萎縮性側索硬化症)を患う人などでもPC操作が可能になると説明しました。

一方で、こちらも大きな特徴だったTimeline機能はFall Creator Updateに間に合わないことが発表済み。Timeline機能は異なる機器間、たとえばiOSやAndroidデバイスでも作業を継続できるという便利機能ですが、2018年春の大型アップデートまで待たなければならない見込みです。

また、Fall Creators UpdateにはWindowsに新たな視覚効果を加えるFluent Design Systemが導入されます。こちらは何かが劇的に便利になるとか具体的な効能はないものの、より操作が楽しく直観的になるものと言えそうです。

ちなみに、Windows 10 Fall Creators Updateは10月17日に一斉配信されるわけではなく、ロールアウト形式で提供されるため、実際に自分のPCにやってくるにはさらにもう少し待つ必要があるかもしれません。
[Image : Shannon Stapleton/Reuters]

267 シェア
57
146
0
64

Sponsored Contents