Sponsored Contents

Transportationの最新記事

Image credit:

メルセデス、F1エンジン搭載のハイブリッドスーパーカーをチラ見せ。275台限定生産予定、約2億8000万円

フランクフルト・モーターショーで公開へ

Munenori Taniguchi
2017年9月4日, 午後12:40 in Transportation
261 シェア
59
148
0
54

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事


メルセデス・ベンツが、9月14~24日に開催されるフランクフルトモーターショーにて、ハイブリッド・スーパーカー「Mercedes-AMG Project ONE」を公開すると予告しました。F1マシンのハイブリッド技術を応用したメルセデスAMG50周年記念車で、出力はガソリンエンジンとモーター合計で1000馬力以上、最高速度は350km/h以上をうたいます。

メルセデス・ベンツは昨今のF1世界選手権を圧倒しており、F1からの技術還元という意味でハイブリッド・スーパーカーを制作するのは驚くことでもありません。ただ、予告で示されるそのシルエットはさすがにF1などのフォーミュラスタイルではなく、最低限、公道安全に走れるであろうGTカーっぽくなっています。

すでに5月から製作が伝えられていたProject ONEは、当時の情報によればF1のパワーユニットをベースとした1.6リッターV6ターボエンジンに4つのモーターを組み合わせて搭載し、最大で1000馬力以上を発生するとのこと。もとがF1エンジンではあるものの昨今のF1パワーユニットは年間4基しか使えないというルールが有るため、Project Oneのエンジンもオーバーホール/リビルドは31000マイル(約5万km)ごとで良いとのこと。

一応、モーターのみで走行するEVモードも備え、環境負荷ゼロのエコなスーパーカーとしても最大25kmのバッテリー走行が可能。新幹線で言えば東京~新横浜間ぐらいは走れます。

一方で、ハイブリッドカー購入者が気にするであろう燃費については情報がありません。F1ではリッター何キロなどいう発想はなく、ガソリン何kgで何分間走れるかを計算します。しかしながらアクセル開度によってタンクからエンジンへのガソリン流量が決まるため、長距離を走りたければ自ずとエコなアクセルワークが必要となるのは市販車と同じ。

とはいえスーパーカーに乗ってエコ走法をするというのもイメージ的にダサすぎるし、何より公道でアクセル全開などできるはずもないので、燃費については考えないのが一番かもしれません。

​​​​メルセデスは、Project Oneの生産台数を275台限定としており、予想される価格は254万ドル(約2億8000万円)ぐらいと言われています。本物のF1エンジンをブイブイ言わせてマイカー通勤したいお金持ちな方は、ぜひとも購入をご検討ください。でないとすぐにEVの時代が来てブイブイ言わせられなくなってしまいます。
[Image : Mercedes-Benz]

261 シェア
59
148
0
54

Sponsored Contents