Sponsored Contents

docomoの最新記事

Image credit:

ドコモ、下り788Mbpsサービス開始。国内最速をauから奪還

約0.8Gbps

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年9月4日, 午後06:30 in docomo
276 シェア
124
73
0
79

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事

Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

View

スマホ通信の高速化が止まりません。NTTドコモは9月4日、受信最大788Mbps(理論値)の高速データ通信サービスの提供を開始しました。

ドコモは、2017年3月から受信最大682Mbpsの通信サービスを提供中。これには3つの技術「4x4 MIMO」と「256QAM」「キャリアアグリゲーション」を活用しています。今回新たに「4x4 MIMO」の伝送効率を高めたことで、788Mbpsへの高速化を実現したといいます。

9月4日時点の対応端末は「Galaxy S8+」「Xperia XZ Premium」「AQUOS R」の3機種。また「Wi-Fi STATION N-01J」についても、9月以降順次対応予定としています。

提供エリアは9月末の時点で東名阪の一部地域のみ。また、全国約250都市では、788Mbpsに及ばないものの、受信時最大738Mbpsの通信サービスを利用できます。エリアの詳細はドコモのHPで確認できます。

なお競合のauは、9月1日より受信最大708Mbpsサービスを提供。開始当初は国内最速でしたが、ドコモはわずか3日で国内最速の座を奪ったことになります。なお2020年には数Gbpsの「5G」が到来する見通し。IoTや自動運転カーなど通信する「モノ」が爆発的に増えるなか、通信の高速化は続く見通しです。

関連キーワード: docomo, network
276 シェア
124
73
0
79

Sponsored Contents