Sponsored Contents

toolの最新記事

Image credit:
Save

iPhoneのネジゆるみ直しに最適、一生もの「ロケット鉛筆」式ドライバー

ちなみにロケット鉛筆が誕生したのは1966年とのこと

Engadget JP (Gadget mart)
2017年9月5日, 午後07:00 in tool
382シェア
117
69
0
196

連載

注目記事

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

View

人気記事

新型iPadが発売間近?「A1954」「A1893」の2モデルがEECのデータベースに登録(訂正)

新型iPadが発売間近?「A1954」「A1893」の2モデルがEECのデータベースに登録(訂正)

Kiyoshi Tane, 16 時間前
View
ポケモンGO、2月24日(土)はミニリュウ乱獲とカイリュー『りゅうせいぐん』学習チャンス。正午から3時間限定

ポケモンGO、2月24日(土)はミニリュウ乱獲とカイリュー『りゅうせいぐん』学習チャンス。正午から3時間限定

Ittousai, 19 時間前
View

iPhoneって素人が分解できないよう特殊なネジで留めてあって、いわゆるトルクスドライバーが必要なんですが、そう簡単になかったりしますよね。分解する必要がなくても、結構ゆるんでたりするんで半年に一度くらいはメンテとして締め直したいところ......。

ただ、特殊なドライバーって滅多に使わないから、スグなくすんですよね。よく使うドライバーとセットになっている、一生モノがあったら言い値で買う! という方がいるかはわかりませんが、今回ご紹介するのはホントに一生モノかも。

ツールペン mininch



世界初、ビットを本体に格納するペン型マルチドライバーで、40代以上の方ならピンとくるかもしれない、ロケット鉛筆に機構がよく似ています。


▲後ろからビットを追加し、使いたいドライバーを送り出していくしくみです。


▲サイズは2種あり、こちらは大判。付属するビットも異なります。

それぞれのビットの種類は以下。




▲お値段は高めですが非常に高級感あり、セットでそろえればホント一生使えそうです。

関連キーワード: gadgetmart, Gadgets, iphone, tool
382シェア
117
69
0
196

Sponsored Contents