Sponsored Contents

dmmの最新記事

Image credit:

ドン勝こと『PUBG』が発売半年で1000万本突破。未だ開発中のバトルロイヤルゲーム

DMMでも提供開始。年内にはXbox One版も予定

Ittousai , @Ittousai_ej
2017年9月6日, 午前09:30 in Dmm
474 シェア
26
380
0
68

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View
iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

スマホ版『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は11月22日配信開始。基本無料の時短アイテム課金🍃

スマホ版『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は11月22日配信開始。基本無料の時短アイテム課金🍃

View


オンラインPCゲーム PUBGこと『PlayerUnknown's Battlegrounds』が、発売半年足らずで売上1000万本を達成したことが分かりました。

国内では「ドン勝」なる謎の言葉をウイルスのように拡散させたPUBGは、最大100人のプレーヤーが生き残りを賭けて戦うバトルロイヤルゲーム。

PlayerUnknownこと開発者 Brendan Greene 氏が以前から別のゲーム向けバトルロイヤルModで人気を博していたなど下地はあったものの、いまだ開発途上の有料テスト版(Early Access)の段階で、しかも発売から半年も経たずに1000万本は極めて異例です。




PUBG は、予告動画で見れば楽しそうではあるけれどまあ普通の、広大なマップでさまざまな乗り物や武器を駆使して戦う三人称・一人称シューティングゲーム。

装備や戦闘などはリアル寄りのミリタリーシミュレーション系で、初心者は多数の実在の火器とアタッチメントに戸惑い、死角から唐突に狙撃されて呆然とすることになります。

いわゆる銃撃戦ものはPCゲームでもっともポピュラーなジャンルのひとつですが、PUBG は開発者ブレンダン・グリーン氏が映画『バトル・ロワイアル』にインスピレーションを得て作ったバトルロイヤルモードが大きな特徴です。



最大100人のプレーヤーはさまざまな地形からなる孤島の各所にパラシュートで降下し、丸腰の状態から武器防具弾薬道具をかき集め、他のプレーヤーから逃げたり待ち伏せてとにかく生き延びて、最後の一人になれば勝利という簡単なルール。

バトルロイヤルものといえば目立たないことが最善の戦略で、お互いに隠れたまま膠着してしまいそうですが、PUBGでは島内の活動可能なエリアが刻々と狭くなってゆき、最終的には生き残ったどうしが狭い場所でラストマン・スタンディングを賭けて戦わざるをえない仕組みです。

島内の建物にはさまざまな武器や防具、回復アイテム、乗り物にガソリン、爆薬などが配置されており、武器や防具は高性能なものへアップグレードやアタッチメントの追加が可能。

このため、人家から離れた場所をこそこそと隠れているだけでは、仮に残り人数1桁まで逃げ回ったとしても、積極的にアイテムを集め奪ってきた他のプレーヤーに対しては不利になってゆきます。

さりとて装備のありそうな場所を騒々しく走り回っては、先に建物内に潜んで待ち伏せたり高所でライフルを構えた他プレーヤーの良いカモになってしまうのがジレンマです。



それなりに要求仕様の高いPC向けシューティングゲームで、概要だけではありがちにも聞こえるPUBGがなぜここまで大人気となったかにはさまざまな分析がありますが、

・毎回が一期一会で、何が起こるか分からない展開。運が悪ければいきなり囲まれて死ぬこともあり、息を詰めて建物を探索すれば他プレーヤーと鉢合わせてお互いパニックに etc。

・スコア制や大チームの勝ち負けではなく単純な生き残り戦なので、負けたら負けたでそのゲームの終了を待つ必要もなく、即座にまた別ゲームに挑戦できるテンポの良さ。

・最終的な勝者はたった一人。なので逆に、残り何人まで生き残れた、偶然の遭遇を落ち着いて対処できた、待ち伏せが成功した、降下地点を変えたら装備が揃いやすかったなどなど、プレーヤーごとに目標を立て、勝利しなくても上達や達成を感じられるシステム。(2人のデュオや4人スクワッドで参戦も可能)。

といった点がよく挙げられます。

そして何より、こうした特性からゲームプレイ配信との相性が良く、プレイしなくても毎回予想外の展開を見ているだけで楽しい、やってみたくなる、配信者としてもビューや収入につながるのでこぞって採用するという、配信時代にマッチしたゲームです。

なお「ドン勝」は、最終的に勝利した際の日本語メッセージ「勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!」より。転じて最後の一人まで生き残って勝つことを「ドン勝喰う」と言ったり、ゲームそのものもドン勝と言われたりします。

(世界で1000万本売れたとはいえまだアーリーアクセス開始から半年、国内ではまともに動くゲーミングPCを持っている少数のゲーマーに急に流行った程度のニッチのため、スラングや用語もまた急激に変わっている状況です。)






まさかこんなに人気になるとは思いもよらなかった、というクリエイティブ・ディレクター PLAYWERUNKNOWN / ブレンダン・グリーン氏のツイート。

PUBG は年内に正式版をリリースするほか、ゲーム機では時限独占とみられるXbox One版も年内発売予定。

国内では DMM GAMES がPC版の扱いを開始し、先着5万人限定で35%引き1950円&DMM GAMESポイントで1950p還元の実質無料キャンペーンを実施中です。期間は9月7日(木)11:59分または5万人に達するまで。チャネリング提供なので、Steam版と同じサーバにつながります。



関連キーワード: dmm, playerunknownsbattleground, pubg
474 シェア
26
380
0
68

Sponsored Contents