Sponsored Contents

AVの最新記事

Image credit:

ソニー初の完全ワイヤレス「WF-1000X」は10月7日国内発売。市場推定価格2万5000円

おっ、予約しとこ

Munenori Taniguchi
2017年9月5日, 午後08:00 in AV
364 シェア
133
115
0
116

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事

Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

View
ソニー初の完全ワイヤレスイヤホンWF-1000Xが、10月7日に国内発売されます。価格はオープンですが、市場推定価格は2万5000円前後。すでにソニーストアや大手量販店などでは予約を受け付けています。

WF-1000Xの特徴は、完全ワイヤレスイヤホンでありつつ「左右独立型ヘッドホンの中で業界最高クラス」のノイズキャンセル機能を搭載するところ。ソニーいわく「ケーブルからもノイズからも解放された快適な状態で、音楽にじっくり浸れ」るとのことです。

専用アプリ「Headphones Connect」が用意されており、ノイズキャンセリング機能のオン/オフや外音取り込みモードの切り替えなどが可能。スマートフォンの加速度センサーと連携して、静止 /歩き /走り /乗り物の4パターンを自動的に感知し、予め設定したパターンでノイズキャンセルおよび外音取り込みモードを切り替える機能も備えます。


Gallery: Sony WF-1000X | 13 Photos



主な仕様は、6mm径のネオジウムドライバーを搭載、Bluetooth 4.1準拠で、プロファイルはA2DP /AVRCP /HFP /HSPに対応。コーデックはSBC /AAC。コンテンツ保護方式のSCMS-Tに対応します。A2DP伝送帯域は20Hz~20kHz(44.1kHzサンプリング時)。Bluetoothの電波出力クラスはClass 1となっているものの、最大通信距離は見通しで10m。その他、充電ケース底部にペアリング用NFCを搭載します。

バッテリーの持ち時間はノイズキャンセリングのオン/オフにかかわらず音楽再生で最大3時間。通話の場合は最大3.5時間。待受の場合はノイズキャンセリングオンで最大8時間、オフで最大35時間。充電時間はイヤホン本体が約1.5時間、ケースの充電時間はフル充電まで約3時間となっています。本体および充電ケースのカラーはブラックとシャンパンゴールドの2色をラインナップします。

ちなみにWF-1000Xはソニーショールーム/ソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪、ソニーストア 福岡天神で9月6日より実機先行体験および展示を実施します。もし購入を迷うなら、予約前に装着感や音質を確認してみることをおすすめします。

[Images : Sony]

Source: SONY
364 シェア
133
115
0
116

Sponsored Contents