Sponsored Contents

Wearablesの最新記事

Image credit:
Save

Fitbitの新スマートウォッチIonicで血糖値の連続モニタリングが可能に。埋込みモジュールメーカーとコラボ

血糖値管理がしやすく

Munenori Taniguchi
2017年9月8日, 午後03:30 in Wearables
1120シェア
817
123
0
180

連載

注目記事

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

View

人気記事

Google画像検索が「画像を表示」廃止・アップル新社屋でガラスに衝突する社員続出・インテルに約30件の訴訟 #egjp 週末版109

Google画像検索が「画像を表示」廃止・アップル新社屋でガラスに衝突する社員続出・インテルに約30件の訴訟 #egjp 週末版109

View
iPhoneを2文字で落とすバグ、送られると多数のアプリが利用不能に

iPhoneを2文字で落とすバグ、送られると多数のアプリが利用不能に

Ittousai, 2月16日
View
FitbitとDexcomが、血糖値モニタリングモジュール(CGM)デバイスの対応で協力すると発表しました。Dexcomの皮下埋込み式モジュールが計測する血糖値を、Fitbit Ionicで継続的に監視することが可能となります。

DexcomとFitbitは2018年中にこの機能をIonicユーザーに提供する予定で、それだけでなく糖尿病を管理するツールの開発を進めるとのこと。Dexcomのケビン・セイヤーCEOは「Fitbit IonicにCGMデータを表示可能とし、iOSおよびAndroidデバイス両方でそのデータを利用可能にすることは、糖尿病の管理方法によりよい影響をもたらす」とコメントしました。

DexcomはすでにApple Watchでも(iPhoneを経由して)同様の機能を提供しています。接続可能なデバイスが増えることは、血糖値をモニタリングし続けなければならない糖尿病患者にとっても、選択肢が増えるという意味で重要といえるでしょう。

特に血糖値を管理しながらスポーツをしている人などにとっては、低血糖を避けるための血糖コントロールは重要です。値の変動をより的確に把握できれば、トレーニングや試合などに安心して臨めそうです。

Ionicは、相対SpO2センサーや心拍センサーを内蔵し、GPS、50m防水などといったワークアウトに必要なひととおりの機能を備える健康およびフィットネスに強いスマートウォッチ。はやく日本発売決定の知らせが届いてほしいものです。
[Image : AOL]

1120シェア
817
123
0
180

Sponsored Contents