Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:

新iPhoneは『iPhone X』『iPhone 8 / 8 Plus』、iOS 11 GMリークから判明

s型番すっ飛ばし。10周年のX?

Ittousai , @Ittousai_ej
2017年9月10日, 午前10:05 in Apple
802 シェア
360
352
0
90

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View
iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

スマホ版『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は11月22日配信開始。基本無料の時短アイテム課金🍃

スマホ版『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は11月22日配信開始。基本無料の時短アイテム課金🍃

View


9月12日の発表イベントを前に、新 iPhoneの正式名称がようやく判明したようです。

従来 『iPhone 8(仮)』とされてきた有機ELディスプレイの最上位モデルは『iPhone X』。そして現行 iPhone 7 / 7 Plus の後継となる液晶ディスプレイ採用モデルは、3GS以来の「s」型番をすっ飛ばして『iPhone 8』『iPhone 8 Plus』


新型 iPhone の名称は、特に従来モデルの後継ではなく新しい高級モデルである「D22」(内部識別子) については、アップル内部でも決定していないであろう段階からさまざまな予想や自称リークが錯綜してきました。

有力だった iPhone 8 は、現行の2016年モデル iPhone 7 の次が順当に iPhone 7s ならば、同時発表ながら次の世代を先取りしたことを示す名前として考えられてきました。

(実際、iPhone 8(仮)改め iPhone X を新たに設定する理由は、アップルが求める有機ELディスプレイは今のところサムスン一社からしか調達できず数に限りがあり、コストも高く、iPhone 全モデルで一気には採用できないために、まずは高価で出荷数も限られる最上位モデルとして先行リリースすることだと考えられています)。

このほか、あまり馴染みはないものの、Apple Watch の超高級モデルに使われていた「Edition」を採用して「iPhone Edition」説もありました。


『iPhone X』『iPhone 8』『iPhone 8 Plus』説の「証拠」を公開したのは、アップルのOS解析で数々の実績ある Steve Troughton Smith氏。

流出した iOS 11 GM のDeviceTree (ブートローダーがハードウェアを識別する部分)から、D22 が 「iPhone X」と書かれたコメントを発見したとの内容です。D20 (従来 iPhone 7s と考えられてきたモデル)は『iPhone 8』。

もちろん、アップルが製品発表の前にマーケティング名を発表したわけではなく、あくまでOS内部の記述なので、9月12日にはさらに別の名前が発表される可能性もないではありません。

(仮にそうだとして、このタイミングでこれまで使われてない名称を紛らわしい場所に含めてきた理由も謎ではありますが)。

(iOS 11 GM がなぜ流出したのか、真正だと証明できるのか、について。流出の性質から経路は詳しく明かされていませんが、恐らくはまず MacRumors や 9to5Mac など大手のアップル系うわさサイトにアップル内部から何らかのかたちでリークがあったものと考えられます。

本物かどうか?については、過去に実績があり特に嘘をつく理由もない複数のiOS開発者が同じ内容を確認したと述べていること、実際にアップルのサーバで署名確認を通ってインストールできたことなどから。

アップルのサーバから実際にダウンロードできるURLが掲示板などに出回って以来、アップル側で塞がれてしまったため、いまダウンロードできても実機では試せません。ただし、Steve T-S氏によれば開発者ベータ10とビルドは同じ。)


一方『iPhone X』の名称そのものは、次世代 iPhone の名称候補としてかなり古い時期から挙がっていました。理由は初代 iPhone が発表された2007年からちょうど10(ローマ数字で X )年目にあたるモデルであることから。

あまり関係はありませんが、MacのOSもMac OS 9の次が Mac OS X、途中からOS Xでした。(ごく最近、iOS や watchOS と命名規則を統一して macOS に改名しています。)

この iPhone X 説については、つい数日前にも、オランダの携帯キャリアから「iPhone X」と書かれた製品パッケージの画像が流出した、という報道もあります。(現在は権利者リクエストから取り下げ済み)。

(iOS 11 GM から見つかった Face ID のセットアップアニメーション。)

Steve T-S 氏による iOS 11 解析からはこのほか、iPhone X が指紋認証の代わりに搭載する3Dカメラ顔認証 Face ID 関連、表情認識でアニメーション絵文字を作成するアニモジ (AniMoji)機能、LTE対応の新世代 Apple Watch 、さらに微妙に改良された新 AirPods (充電インジケータが外から見える)まで、正式発表のほんの数日前でも早く知りたい向きにとっては宝箱のように多数の新情報が見つかっています。

LTE対応のApple Watch Series 3(仮)、iOS 11GMリークから見つかる。新色のヒントも

iPhone X (仮)の目玉は動く絵文字「アニモジ Animoji」。3D表情認識と声で作成



ほとんど間違い探し的な差の改良版 AirPods(?)も。

アップルの完全無線イヤホンAirPods に新モデル。流出したiOS 11から発覚


正式な発表はカリフォルニアの現地時間で9月12日、日本時間では翌9月13日の午前2時からの予定です。

速報:新 iPhoneは9月12日 で確定、アップル新社屋スティーブ・ジョブズ シアターで発表

関連キーワード: apple, iphone, iphone7, iphone8, iphone8plus, iphonex, leak
802 シェア
360
352
0
90

Sponsored Contents