Sponsored Contents

Spaceの最新記事

Image credit:

イーロン・マスク、SpaceXオリジナル宇宙服の全身像を公開。まるでガンダムのノーマルスーツのよう

動きやすそう

Munenori Taniguchi
2017年9月11日, 午前07:00 in Space
245 シェア
73
97
0
75

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』配信開始。基本無料のスマホ版、通称『ポケ森』

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』配信開始。基本無料のスマホ版、通称『ポケ森』

View
将来の火星有人探査を計画するSpaceXのイーロン・マスクCEOが、Instagramにオリジナルの宇宙服のイメージ画像を投稿しました。マスク氏は、つい2週間ほど前の8月23日にヘルメットと上半身だけが描かれた画像を投稿していたものの、今回は全身が入っています。

有人探査用Dragon宇宙船、通称Crew Dragonの前にたたずむその姿は、NASAが長年船外活動(EVA)用に使ってきたものに比べると、気密を維持するシール部分がどこにあるのかがわからないほどスッキリとしており、宇宙服というよりはレーシングスーツのよう。人によっては「ガンダム」シリーズのノーマルスーツ、またはDaft Punkを連想するかもしれません。

 
膝や手袋などの可動部分は補強またはクッションなのか、パッドが当てられているようにも見えます。また背中部分にも何らかの詰め物がある模様。ブーツも薄くシンプルにできており、かなり動き回りやすそうです。

あまりのシンプルさから察するに、これはおそらく長時間の船外活動(EVA)に使うための宇宙服ではなく、与圧のある状態でDragon宇宙船から他の宇宙船(たとえばISSなど)へ移動する際、飛行士が着用する船内用与圧服の一種と考えるのが正しそうです。

実際のこのスーツがそのまま実用化されるのか、さらに必要な装備を付け足していくのかはまだ先にならないとわかりませんが、いずれにせよこれを着用した飛行士が火星を目指す日が楽しみになる画像であることは間違いありません。

Coverage: TechCrunch
関連キーワード: DragonCapsule, ElonMusk, mars, space, spacesuit, Spacex, tomorrow
245 シェア
73
97
0
75

Sponsored Contents