Sponsored Contents

AVの最新記事

Image credit:

新Apple TVは6コアA10X Fusionプロセッサおよび3GB RAM搭載。4K/60fps再生に対応か

呼称は「Apple TV 4K」

Munenori Taniguchi
2017年9月12日, 午前07:00 in AV
177 シェア
47
64
0
66

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View
iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

スマホ版『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は11月22日配信開始。基本無料の時短アイテム課金🍃

スマホ版『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は11月22日配信開始。基本無料の時短アイテム課金🍃

View

アップルの新iPhone発表イベントにおける "おかず" のひとつ、Apple TVに新情報です。イベントで発表されると予想されている新型Apple TVが、6コアのA10X Fusionプロセッサーを搭載し、4K/60fpsでの動画再生に対応することが数々の重要情報を漏らしてしまったiOS 11 GMの解析から判明しています。

情報の発信元となっているのは、またもやOS解析を得意とするアプリ開発者Steve T-S氏。氏のツイートによると、新型Apple TVの正式名称は「Apple TV 4K」になるとされ、6コアA10X Fusionプロセッサーと3GB RAMを搭載するとのこと。



A10X Fusionプロセッサーといえば、iPad Proが搭載するのと同じもの。当初のツイートでSteve T-S氏はコア数を"3"としていましたが、iPad ProのA10X Fusionは高性能コアx3、高効率コアx3という6コア構成のはず、というところが疑問点になっていました。これに対して、Steve T-S氏はApple TV 4KのA10 X Fusionも3+3の6コアであるとの訂正ツイートを投稿。Appke TV 4KがiPad Proと同じプロセッサーを搭載していることがはっきりした格好となりました。



第4世代Apple TVのA8プロセッサーがデュアルコアということを考えると、A10X Fusionの搭載は相当のパワーアップが見込めることは間違いありません。またRAMも2GBから3GBへと増えています。

これによって予想されるのは、プロセッサーの強化にともなうゲームアプリなどのグレードアップ。ゲーム機としての進化を見せた第4世代Apple TVですが、Apple TV 4Kではさらにゲーム専用機に近いクオリティのタイトルも出てくるかもしれません。

プロセッサー以外では、Apple TV 4Kの性能がHDR10とDolby Visionのサポートに加えて、ほとんどの4Kコンテンツのスペックである4K 24fps、または30fpsだけでなく、4K/60fpsのコンテンツ再生も可能だという情報が出ています。

大半の4Kコンテンツは24fpsもしくは30fpsで作られているため、すぐにたくさんの60fpsコンテンツを楽しめるわけではないかもしれません。とはいえ60fpsの映像の滑らかさは30fpsとは比べ物にならないため、いずれは60fps対応コンテンツも増えてくることになりそうです。


アップルのスペシャルイベントでは、​​​​​​iPhone X /iPhone 8 /iPhone 8 Plus Apple Watch Series 3などの発表が予想されます。日時は9月12日、日本時間では9月13日午前2時から。Engadgetではいつもどおりライブ更新でイベントの模様をお伝えします。
177 シェア
47
64
0
66

Sponsored Contents