Sponsored Contents

kddiの最新記事

Image credit:

トイレの空室状況もスマホで確認できる「小田急アプリ」のユニークさ

担当者に聞きました

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年9月12日, 午前09:40 in kddi
160 シェア
37
61
0
62

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

任天堂スイッチに隠しファミコン エミュ、故 岩田聡氏の命日に「直接!」で『ゴルフ』が起動

任天堂スイッチに隠しファミコン エミュ、故 岩田聡氏の命日に「直接!」で『ゴルフ』が起動

View
PS4 Proにモンハン:ワールド同梱限定版『リオレウス エディション』、12月7日発売
6

PS4 Proにモンハン:ワールド同梱限定版『リオレウス エディション』、12月7日発売

View


来年(2018年)3月には複々線完成を控える小田急。そんな彼らが2017年6月にリリースしたのが「小田急アプリ」です。同アプリには、他の鉄道会社のアプリにはない独特な機能がありました。

小田急は、新宿を起点に小田原までを結ぶ「小田原線」、湘南エリアを結ぶ「江ノ島線」、多摩ニュータウンを結ぶ「多摩線」の3路線、計102.5kmからなる鉄道会社です。さらに東京メトロ千代田線、JR常磐緩行線、JR御殿場線、箱根登山鉄道にも乗り入れています。2018年3月には代々木上原〜登戸駅間の複々線が完成し、ピーク時の列車本数増や混雑率緩和を見込んでいます。

そんな同社が6月にリリースしたのが「小田急アプリ」です。鉄道会社がアプリをリリースするのは珍しいことではありませんが、同アプリには他社にはないユニークな機能を備えます。

「トイレがいっぱいだったらどうしよう...」の不安解消

その1つが、新宿駅に2か所あるトイレの空室状況をアプリに表示する「トイレ空室表示」です。

「新宿駅のトイレは西口と南口で離れています。西口の個室がいっぱいだったらどうしよう。南口に移動するのは大変だ... といった不安を解消する狙いがありました」と小田急の山田聖氏(IT推進部課長代理)は語ります。


各トイレごとに個室が空いていれば「空」、満杯なら「満」と表示する

トイレの空きの判別には、IoTプラットフォームの「KDDI IoTクラウド 〜トイレ空室管理〜」を活用。個室の扉にマグネットセンサーを取り付けて実現しています。


トイレの扉に取り付けたIoTセンサーが個室の空きを検知する(写真はKDDIオフィス)

関連:トイレもIoTの時代へ、KDDIがクラウド トイレ空室・節水管理サービスを3月開始

さらにユニークな機能も備えます。それが行先案内装置のリアルタイム表示です。実はこれ、時刻表と連携して発車時刻を表示しているわけではありません。駅に実際にある行先案内装置を1分毎にカメラで撮影。その写真をアプリに表示させているといいます。



最寄り駅にある行先案内表示器をリアルタイムで確認できる

「通常、電車に10分以上の遅れが発生すると、列車の出発順序の変更があった場合でもその内容を踏まえて、行先案内装置の表示を駅にいる係員が更新しています。そういった駅に行かないとわからない情報が、スマホのアプリでわかるのです」(山田氏)



その他、東日本大震災を教訓に、沿線の災害マップも搭載。沿線の避難所やトイレ、コンビニといった情報をオフラインで確認できます。「災害時にあったら便利なのですが、冊子を毎日持ち歩くのはちょっと... ということでアプリ内に実装しました」と山田氏は語ります。


沿線のユーザーにリーチできるツールになればいい

今後のアプリの進化について、山田氏は次のような展望を示しました。

「アプリ名が"小田急線アプリ"ではなく"小田急アプリ"とあるように、グループを巻き込んでいければと。グループには、多種多様な業種がありますので、地域のお客さまが、駅を降りてからも便利だなと感じていただける、沿線のユーザーにリーチできるツールになればいいかなと考えています」


左からIT推進部事務員の鈴木殻氏、IT推進部課長代理の山田聖氏
関連キーワード: app, iot, kddi, odakyu
160 シェア
37
61
0
62

Sponsored Contents