Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:

iOS 11は慣れた際の効率を重視。新機能多数で便利なれど気になる点も:週刊モバイル通信 石野純也

わかりやすさよりも、慣れたユーザーがより素早く操作できる点を重視した印象

石野純也 (Junya Ishino)
2017年9月21日, 午後12:00 in apple
288 シェア
57
55
0
176

本Webページのアクセスデータについては、KDDI株式会社が以下Webページの「クッキー (Cookie)」の項に基づき利用いたします。
http://www.kddi.com/terms/requirements/#a06

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事


iPhone 8、8 Plusの発売を前に、iOS 11の配信が始まりました。アップル自身が「iPad向けには過去最大のソフトウェアリリース」と語っているように、特にiPad Proで使える便利機能が多数追加されているほか、iPhoneでもコントロールセンターが大幅に刷新されるなど、メジャーアップデートと呼ぶにふさわしい仕上がりです。

ユーザーが日々使うという意味でもっとも大きな変更となるのが、コントロールセンターかもしれません。従来のコントロールセンターは設定できる項目が決まっており、Androidと比べると項目の数自体も多くありませんでした。
iOS 11では大幅にデザインを変え、1画面にすべてのボタンが収まるようになっています。


▲コントロールセンターのデザインが大きく変わって1画面に収まるように


ただし、より細かな設定を行いたいときは、3D Touchを使ってボタンを強く押し込む必要があります。ともすれば初見殺しな印象もありますが、慣れれば設定アプリから各項目を呼び出すよりもスムーズに操作できるでしょう。


▲強く押し込むと、詳細な設定が可能に。これは画面の明るさの場合


▲カスタマイズ性も高まっている

またカスタマイズ性も高まっており、不要なものを削除できるだけでなく、「画面収録」(動画でのスクリーンショット)やWalletなどを追加することもできます。


▲メールに添付されたPDFに書き込みを加えて返信できる

メールに添付されたPDFなどのファイルにそのまま手書きの文字や線を加えて、返信できるという機能も便利です。この機能はApple Pencilが使えるiPad Proで進化しており、Apple Pencilを当てるだけで文字を書き加えられるようになりました。

急ぎの返信をするといったシチュエーションでは便利かもしれません。

筆者に関していえば、日々の取材申し込みに活用できそうです。これだけIT化が進んだ今でも、いまだにFAX返信用紙に名前や所属を記載して申し込まなければいけない会見が残っていますが、そういった場合でもメールでPDFを送ればOKという場合がほとんど。

このようなときは、いままでいったんiPadを取り出してメールを開き、手書きアプリを立ち上げてそこから再度メーラーに添付......という複雑な手順を踏んでいましたが、iOS 11ではその必要がなくなります。
もっとも、本質的には申し込みフローをもっと簡略化した方がお互いにとっていいのでは......と思うわけですが。


▲写真と動画のフォーマットが変更になり、ストレージ不足の緩和になりそう


一見しただけでは気づきにくいポイントかもしれませんが、写真と動画のフォーマットが「HEIF」と「HEVC」に変更になり、1枚1枚のデータサイズが小さくなるのもうれしい人が多いでしょう。とくに低容量のiPhoneを使っている人にとって、ストレージ不足は大きな課題。この変更で、容量をあまり気にせず、写真や動画を撮れるようになります。

新フォーマットとはいえ、メールで送信したりする際には自動で変換されているようで、普通にPCで開くこともできました。

ただし、一部のアプリや周辺機器で不具合が起こる可能性も考えられます。筆者はオンラインストレージとしてGoogleドライブやGoogleフォトを活用していたため、特に大きなトラブルにはあいませんでしたが、環境によっては写真や動画が見られなくなってしまうということもありえます。

iPhone、iPadが標準でサポートした形式のため、今後は対応が進んでいく可能性も大いにありますが、過渡期である現時点では注意が必要になりそうです。


▲キーボードは左右のどちらかに寄せることが可能


細かな点かもしれませんが、キーボードの左右寄せができるようになったのも便利なアップデートといえるでしょう。とくにPlusサイズのiPhoneを使っている人には朗報かもしれません。

これまでPlusシリーズは、iPhoneをそのまま大きくしただけといった感があり、片手で使う工夫がおざなりになっていた印象もありましたが、このアップデートで、少なくとも文字入力はしやすくなりました。
iPhone 8 Plusに加え、今年は5.8インチのiPhone Xもあるため、こうした改善は評価できるところです。


▲UIの変更点や新機能の追加はiPadの方が多い。ホーム画面にもDockが

▲起動中アプリ切り替えは大画面を活かした一覧表示に


また、iPadにはMacのようなDockが加わり、よく使うアプリや一度使ったアプリを呼び出すのが簡単になりました。起動中のアプリ切り替えも一覧形式になり、選びやすくなっています。


▲ロック画面から即座に手書きメモが取れる

ほかにも、ロック画面からメモを呼び出してApple Pencilですぐに文字を書けたりといったように、特にiPad Proでの使い勝手が向上しています。


▲アプリによってはウィンドウ的な表示も可能に


全体を通しての印象としては、iOS 11は初見での分かりやすさよりも、慣れたときの効率を重視しているような傾向に思いました。
初代iPhoneの登場から10年が過ぎ、スマホに初めて触れる人も少なくなってきているので、その意味では納得できるアップデートです。

一方で、大幅なアップデートということもあり、こなれていないところも。iPad Proではキーボードで文字入力中に固まることがあったり、日本語変換が利かなくなってしまうことがあったりと、比較的大きなバグに遭遇しました。

筆者はiPad Proを取材中のメモ用に活用し始めていましたが、このトラブルが頻発してしまうため、ストレスを感じます。この状態ではクリティカルな場面では使いづらいので、早急に修正してほしいところです。

▲フォルダがアプリごとにしか作れず、コレジャナイ感がただようファイルアプリ


また、鳴り物入りで登場した「ファイル」アプリも、コレジャナイ感がただよっています。

当初の売り文句では、クラウドとローカルをまたがり、あたかもPCのようにファイル管理ができるようになるという話でしたが、実際に試してみると、さまざまな機能が不足しています。
特にローカル側でのファイルの扱いに大きな制約があり、結局はアプリ単位でしか新規フォルダを作ることができません。

筆者のケースだと、エディタで作った原稿と、原稿に必要な写真を1つのフォルダに保存して圧縮し、オンラインストレージにコピペで送るというような使い方ができると期待していましたが、現状の機能ではそれもできません。

現状のように制約が多いと、ファイルアプリの利用場面をいちいち考えなければならず、結局は従来と同じように使った方が効率がよさそうです。Macと同じFinderではないといえばそうなのですが、iPadをPCのように使うにはまだまだ時間がかかりそうです。


▲32ビットアプリが利用できなくなる点にも注意が必要


さらに、すでにさまざまなところで触れられていますが、iOS 11から、32ビットのアプリも利用不可になります。

このタイミングで64ビット化していないアプリは、さすがにあきらめた方がいいのかもしれませんが、過去のゲームなど、どうしても残しておきたいものがある人もいるでしょう。かといって、ずっとアップデートを見送るのも、セキュリティ的に問題があるため、悩ましいところ。

このようなアプリが必要な人は、機種変更する前のiPhoneに残しておいたり、iPod Touchなどに移してそちらはOSをアップデートしないでおくといった対策が必要になります。これを機に、アプリの断捨離をしてもいいのかもしれません。

(更新:2017/09/21/12:52)添付のPDFに直接文字などを書き込める「マークアップ機能」に関する言い回しを修正しました。

関連キーワード: apple, iOS, ios 11, ios11, ipad, iphone
288 シェア
57
55
0
176

Sponsored Contents