Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:

iPhone Xの「凹」を再現するアプリ登場。憧れのノッチ(出っぱり)を貴方のスマホでも

すごく要らない!

Ittousai , @Ittousai_ej
2017年9月21日, 午後12:15 in android
226 シェア
32
134
0
60

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

ついに来た!Galaxy Note8 降臨祭、参加者募集。ペンもデュアルカメラも試せる体験トークイベントを開催します

ついに来た!Galaxy Note8 降臨祭、参加者募集。ペンもデュアルカメラも試せる体験トークイベントを開催します

View
ポケモンGO ハロウィンイベント開催。新規ポケモン追加やとんがり帽子ピカチュウ、ミミッキュ帽子など新趣向多数

ポケモンGO ハロウィンイベント開催。新規ポケモン追加やとんがり帽子ピカチュウ、ミミッキュ帽子など新趣向多数

View


ついに発表された iPhone X の特徴的なディスプレイを、どのスマホでも再現できるAndroidアプリが現れました。

起動すると画面の上部中央に、iPhone Xでは前面カメラやセンサがあるノッチ(でっぱり、切欠き)が出現。インフィニティ・ディスプレイのGalaxy S8でも型落ちスマホでも、iPhone X の特徴的な凹型ディスプレイを満喫できます。



iPhone X の最大の特徴は、なんといっても前面の約80%を占めるスーパー Retina HDディスプレイ。

これまでの iPhoneは上下対称の余白があるため画面が相対的に狭く、狭額縁を売りにする他社スマートフォンと比較すれば画面占有率(前面に占める表示部分の割合)が低かったため、X はなおさら鮮烈な印象です。

一方、iPhone X は3Dセンサを使った高度な顔認証機能 Touch ID も売りとしており、前面カメラとセンサを置くために、画面上部にはアシンメトリーな「ノッチ」、出っぱりあるいは切欠きが目立ちます。




Google Playで無料配信中の XOutOf10 は、このノッチをAndroidスマホでも再現するアプリ。要は画面上部の中央に、iPhone X のような黒い出っぱりを重ねて表示するだけの冗談です。

導入すれば、 iPhone X に先駆けてほぼフル画面な「インフィニティ・ディスプレイ」を採用した Galaxy S8 も、縦長アスペクト比の先駆け LG G6 も、アップルより小さなU字のノッチを採用した Essential Phone PH-1も、カメラを手元側に置き上左右の三辺狭額を実現したAQUOS CRYSTAL でも、大画面狭額と入手難で話題になった Mi Mix でもなんでも、なんちゃって iPhone X な画面になります。


もちろん、本物の iPhone X はこのノッチの存在に配慮しており、標準のUIを使う限り、iOS側で吸収するので困ることはない、とされています(アプリにより全画面と左右オビ・上下オビを選べるなど)。

上はアップルの開発者向けガイドラインから、独自UIを設計する際の目安となる「セーフエリア」。



iPhone X は、デザイン的には4辺とも均一に細い額ぶちに、例外的にノッチ部分がはみ出ているような印象を与えることに成功しているものの、実際のノッチ部分はかなり幅があります。UI要素を表示すると隠れて触れなくなってしまうため、あくまで予備的な領域として使うことが前提です。

(一方でガイドラインでは、ノッチを敢えて隠そうと黒帯などを使わないこと、グラフィックやテキストで出っぱり部分をユーザーに意識させたり、存在を前提にした設計にしないこと、も求めています。)


推奨されない例。
推奨されない例その2。あくまで冗談です。



アプリ XOutOf10 は単なる冗談なので、そうした配慮もデザイン上の課題もまるで無視して、単に黒い出っぱりを重ねて描画します。

何かの役に立つものではありませんが、アプリ開発者が iPhone X のノッチをいろいろなアプリに重ねて、なんの配慮も工夫もなくノッチがあった場合どう見えるか体験はできるかもしれません。


関連キーワード: android, android app, apps, iphoneX
226 シェア
32
134
0
60

Sponsored Contents