Sponsored Contents

Mobileの最新記事

Image credit:

iOS 11のコントロールセンターはWiFi/Bluetoothをオフにせず。完全オフは「設定」から

利便性それとも安全性

Munenori Taniguchi
2017年9月21日, 午後05:00 in Mobile
1213 シェア
369
618
0
226

本Webページのアクセスデータについては、KDDI株式会社が以下Webページの「クッキー (Cookie)」の項に基づき利用いたします。
http://www.kddi.com/terms/requirements/#a06

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

ついに来た!Galaxy Note8 降臨祭、参加者募集。ペンもデュアルカメラも試せる体験トークイベントを開催します

ついに来た!Galaxy Note8 降臨祭、参加者募集。ペンもデュアルカメラも試せる体験トークイベントを開催します

View
ポケモンGO ハロウィンイベント開催。新規ポケモン追加やとんがり帽子ピカチュウ、ミミッキュ帽子など新趣向多数

ポケモンGO ハロウィンイベント開催。新規ポケモン追加やとんがり帽子ピカチュウ、ミミッキュ帽子など新趣向多数

View
先日リリースされたばかりのiOS 11の注目機能のひとつに、大幅に改良されたコントロールセンターがあります。画面下からスワイプで引き出すその機能はiOS 10までに比べると大幅に多機能化されています。

それら機能の中でも、バッテリーを長持ちさせたい人なら比較的使う頻度が多そうなのがWiFiやBluetoothのオン/オフ機能。この機能の挙動が、iOS 10までとiOS 11で微妙に変わっていることがわかりました。

WiFiやBluetoothがオンなのか未接続なのか、はたまたオフになっているのかは、コントロールセンターのアイコン(青ベタ/グレー/タスキがけ)で見分けられ、そこでアイコンを長押しして表示される詳細画面ではアイコン表示に加えて注釈(オン/未接続/オフ)も表示されます。

iOS 11のコントロールセンターでWiFiやBluetoothをオンにすると、画面最上部のステータスバーにそれらのアイコンが青ベタで表示され、有効になったことが確認できます。こんどは逆にコントロールセンターでそれらをオフにした場合、すでに接続している機器からはiPhoneが切断されてステータスバーからもアイコン表示が消えます。しかしそれは未接続状態になっただけで、コントロールセンターを閉じて「設定」アプリのほうで確認するとWiFi/Bluetooth機能が実際にはオフにはなっていないことがわかります。

これはバグなどではなく、アップルが意図的にそうしていることがドキュメントに記されています。アップルの説明によるとiOS 11のコントロールセンターでWiFiやBluetoothをオフにした場合は従来の「オフ」ではなく「未接続」状態になるとのこと。

たとえばBluetoothスピーカーやイヤホンを使っていたのをすぐに切断したい場合などは、コントロールセンターで「未接続」つまり接続を解除した状態にすれば良いということです。一方で、消費電力を抑える目的でWiFiやBluetoothを完全にオフにしたい場合はコントロールセンターでは「未接続」にしかできないので、「設定」アプリからオフ操作をしなければなりません。

ここで「機内モードならすべての電波をオフにできる」と気づいた人はなかなか鋭いかもしれません。ただそれはあくまで機内モードなので、モバイルデータ通信や通話機能すらオフにされてしまいます。そして、機内モードでモバイルデータ通信のみをオンにすることはできません。つまりコントロールセンターからWiFiもしくはBluetoothだけを完全オフにするという目的は達成できないわけです。

いったん未接続状態にすれば、以後iPhoneがWiFi/Bluetooth機器に自動で再接続することはありません。再接続をしたい場合は、ふたたびコントロールセンターで明示的にオンにしたり、設定画面から接続操作を実行したり、またはiPhoneを再起動すれば、再びオンの状態にすることができます。あと、なぜか翌朝の5時になった場合も自動的にオンになるとのこと。これは朝の通勤や通学時に設定をせずともAirPodsなどをすぐに使えるようにするためかもしれません。

おそらくは良かれと思っての変更と考えられるものの、コントロールセンターで「未接続」状態にしただけではApple Watch、Instant Hotspot、Apple Pencilとの接続や、Handoff など連係機能は生きたまま。つい最近にはBluetooth経由でスマートフォンを乗っ取るハッキング手法も発見されており、ホーム画面などのステータスバーにアイコンが表示されず、ひと目でWiFiやBluetoothの状態が把握できないと少々不安に感じる人もいそうです。それでも、少くとも現時点ではiOS 11でWiFi/Bluetoothを完全にオフにしたいなら、手間が増えるものの「設定」アプリを経由してそれらを操作にするほかありません。

1213 シェア
369
618
0
226

Sponsored Contents