Sponsored Contents

iPhone Tipsの最新記事

Image credit:

声を出せない場所でもSiriを活用。iOS 11ではキーボードで会話ができます:iPhone Tips

通勤電車の中など、喋るのが憚られる場所でも使えるようになりました

神戸紅実子(Kumiko Kanbe)
2017年9月28日, 午後12:10 in iPhone Tips
253 シェア
69
80
0
104

本Webページのアクセスデータについては、KDDI株式会社が以下Webページの「クッキー (Cookie)」の項に基づき利用いたします。
http://www.kddi.com/terms/requirements/#a06

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事


iOS 11の「Siri」では、Siriへのお願いをキーボードで入力できるようになりました。電車や会社のなかなど、声を出すのが少しためらわれるような場所でもSiriを活用できるようになります。

従来、Siriでキーボードを使う局面は、基本的に「聞き取った言葉をあとから編集する場合」でした。対してiOS 11では、Siriを起動して最初に表示される画面からキーボードを使うことができるようになったわけです。

Gallery: キーボードを使ってSiriに"お願い"をする方法 | 4 Photos

「Siriにタイプ入力」をオンにする

「Siri」への要件をキーボードで入力するには、「設定」の「アクセシビリティ」から、「Siriにタイプ入力」という機能をオンにする必要があります。


▲「設定」を開き、「一般」 「アクセシビリティ」 「Siri」の順にタップ(左)。「Siriにタイプ入力」のスイッチをタップしてオンにする(右)


これでSiriでのキーボード入力の設定が完了しました。
この状態でホームボタンを長押ししてSiriを起動すると、キーボードが表示されすぐに文字入力できます。なお、従来通りSiriに音声でお願いをしたい場合は、iPhoneに「Hey Siri」と話しかけましょう。「Siriにタイプ入力」をオンにしていても、音声入力が可能です。


▲ホームボタンを長押しすると、Siriが起動してキーボードが表示される(左)。「Hey Siri」と話しかけて起動すれば、従来通り音声による入力が可能だ(右)


要件をキーボードで入力してみよう

「Siriにタイプ入力」をオンにしたら、実際に要件をキーボードで入力してみましょう。入力欄に要件を打ち込めば、Siriが要件に合った答えを提示してくれます。


▲入力欄に要件を打ち込み、「完了」をタップ(左)。音声での応答と同じように、Siriが回答してくれます(右)


ほかにも、「◯◯さんに電話」とキーボードで打ち込めば、そのまま連絡先に登録してある電話番号に発信可能です。
「Siriにタイプ入力」をオンにすることで、これまで音声で行っていたSiriとのやり取りを、ほとんどキーボードでカバーできると言ってよいでしょう。

これまでiPhoneに話しかけるのが恥ずかしくてSiriを使えなかった人も、iOS 11の新機能を使えば必要なときにいつでもSiriに"お願い"ができます。Siriの機能は意外なまでに豊富なので、いろいろと試してみてはいかがでしょうか。

253 シェア
69
80
0
104

Sponsored Contents